« December 2006 | Main

January 22, 2007

交通事故から子どもを守るには…

広島出身のタレント、風見しんごさんのお嬢さんが

登校中の横断歩道で、右折してきたトラックの下敷きになり

亡くなったというニュースが飛び交いましたね…。

10歳というまだまだこれからの年齢で…。

ご両親、ご親族の哀しみ、いかばかりかと…。

ご葬儀での挨拶も、とても愛情深く、毅然と

そして、切々とメッセージを私たちに投げかけてくださっていましたね。

子どもたちって、みんなで守ってあげる存在なんだ。

子どもって、こんなにかけがえの無い存在なんだ。

親って、実はこんなに君たち子どものことを思っているんだよ!

時間や経済効率に追われて、

私たち大人の社会が、どこかネジが違っている。

社会がどこかおかしいということは、私たち一人一人が

やっぱりどこか違っているということ。

車の運転ということに対する意識と責任

交通ルールの存在と、それを守らない人々への対処、

いつまでも無くならない渋滞への対処、

そして、安全な街、道への配慮と対処

どれか一つでも、誰かが何かを始めていたら

その日の結果は違っていたかもしれない…。

もう一度、周囲を見直してみませんか?

トラックの位置からは、道の右側にある建物の植え込みが

丁度、トラックの運転席のあたりが茂っていて

その影になっていたかもしれない…と

現場を見た専門家もいたようです。

お宅の植え込みは、

行き交う人や車の視界をさえぎっていませんか?

今日の夕方、バス通りを車で走っていてギョッとしました。

中学生が幼稚園くらいの子を連れて、

信号の無い横断歩道を渡ろうとしていたようですが

既に日は落ちて辺りは真っ暗、

中学生は黒い学生服で、小さな子も黒っぽい上着を着て

横断歩道のすぐ手前に立っていたんです。

気付いていれば、止まって譲るところだけど

暗くて間近で気付いた為、ブレーキを踏みながら通り過ぎました。

すると、その直後、小さな子が横断歩道に飛び出して

それを中学生が上着の後ろ衿を捕まえて引っ張り戻しているのが

バックミラーに見えたのです。

どうでしょう。せめて、反射板のようなもののついたカバンを持たせるか

上着を黄色のような目立つ色にすると、夕方でも目立つんじゃないかなあ…。

外灯も、もう少しあっても良いような…。

エコを考えると、エネルギーを使ってしまうんだけど

そこを何とか、太陽光発電などにして…。

それにしても、スクールゾーンと定められた、

出入り禁止のポールが立てられた道に、

わざわざそれをどかしてまで入ってくるかなあ…!?

わざわざわき道から入ってくるかなあ…!?

事故後も、このスクールゾーンに入ってくる車が居るそうですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 04, 2007

かるた&トランプの正月休み!

みなさん、遅ればせながら
新春のお慶びを申し上げます!

お正月休み、いかがお過ごしになりましたか?

私は、実家で妹ファミリーとわいわいがやがや…。
何より、兄弟のいない我が子にとっては、
年下の従兄妹たちとの貴重な時間。
トランプやカルタ大会を繰り広げましたよ~!!

去年まではいろはカルタで盛り上がったんだけど
今年はちょっと高度(!?)に俳句カルタ。

「すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る」

「雪の朝 二の字二の字の下駄の跡」

「やせがえる 負けるな一茶これにあり」

あ~、なんて愉快な句!
小林一茶の句は、童心を呼び戻してくれます。

また、松尾芭蕉の俳句は、心にしんと染み入る響き。

「古池や 蛙飛び込む水の音」

年長児の姪っ子は、
小学2年生生のお兄ちゃんにライバル心ムンムン!
だから、お兄ちゃんと一緒にカルタもトランプもこなします。

今年はほぼ、ハンディ無し!私もタジタジ…。

そんな年長児は、絵日記を描くのが大好き!
カルタ&トランプのこと、
お兄ちゃん顔負けの絵日記をちゃあんと描いてましたよ~!!
絵も文字も…。

おにいちゃんのように描きたい(書きたい)!

その思いが、妹の原動力。

やりたい!という思いは、
子どもたちの力を伸ばしてくれるものですね~!!
改めて感心した次第です。

新しい年、新たな成長を見せてくれる子どもたちに習って
私もまた成長しなくっちゃ!!

みなさんにとっても、意義のある1年となりますよう、お祈りしています!
今年もどうぞよろしくお願いします!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main