« 佐賀のがばいばあちゃん | Main | 子どもの周囲の大人として… »

September 26, 2006

ドリルに飽きた子どもたち

小学校の教育において、陰山式はとても有名になって、

これを実践する先生や保護の方たちも、結構多いんじゃないかと思います。

この陰山式は、音読や百マス計算などを脳のウォーミングアップとして行うことで、子どもたちの集中力、学習意欲や効果のUPを図るのがその最大の特長のようですね!

だから、この百マス計算などは、短時間に何枚もやるのではなく、毎日ちょっとずつ継続するのが良いのでしょう・・・。

もうひとつ、小学生の間で一番ポピュラーな、ドリル学習の塾があります。

CMにも、とても力を入れ、一般の書店でも、学年教科別や幼児向けのドリルが所狭しと並んでいます。

この塾のドリルを持っている子はとても多く、しかも、宿題の枚数がとても多い!

でも、例えば小学校一年生の算数プリントなどは、

1+6=

2+6=

3+6=

と問題が続いているものだから、要領の良い子は、

初めの問題を解いたら、後は昇順に数字を書いて

さっさと終わらせてしまう・・・。

その規則性に気が付いた者が得!

でも、なかなか要領を得ず、ひとつひとつまじめに計算していく子は、

どうしても時間がかかり、枚数をこなすのにだんだん嫌気がさしてくる・・・。

だって、算数だけで10枚近く、表裏で倍のページ数、

勿論それが、国語もあるケースが殆ど・・・。

宿題だからと、一生懸命にドリルに向かう一年生。

でも、もう、向き合うことすらホントは嫌で、苦痛で仕方ない・・・。

だんだんと意識は他所へ向かい、でも、

保護者や塾の先生の顔が浮かんで身体は動かない・・・。

その場でふにゃふにゃになりながら、

いやだいやだ~・・・と連呼しながら、

ドリルに向かうも、まともな計算はもう、できる状態ではないように見える・・・。

そこに、誰かの励ましでもあれば、ある程度続けられるのでしょうけど・・・。

嫌々ながらに、意識半分で取り組むドリルには

いったいどれだけの効果があるのかなあ・・・?

逆に、勉強の楽しさなんて、味わえないだろうなあ・・・

と思いながら、オバチャンは見守っているのですが・・・。

数の概念は、お金を払って、こんな記号だらけのペーパーよりも

どんぐりやあめ玉、石ころや階段など、生活の中の色んなシーンで

楽しくトレーニングすることができるだろうになあ・・・。

中学生になったら、嫌でもプリントいっぱいの勉強になるので

何だか小さなうちからプリントに埋もれたんじゃ、

もったいない気もしてます。

|

« 佐賀のがばいばあちゃん | Main | 子どもの周囲の大人として… »

Comments

はやってますね~、本当に。
脳に良いという川島先生の話を聞いて以来、
我が子たちにプリントをさせなかったことが悔やまれているわたしではありますが。(^_^;)

時間をうまく切って、気持ちが続く程度に、習慣的に頑張れるといいですよね。もちろん、人や自然とのかかわりを十分尊重したうえでね。

Posted by: つぼみ | September 28, 2006 at 08:31 PM

本当に…。
乳幼児期に、ドーマン法という、ドッツ・カードをフラッシュして脳を鍛える方法に出会い、一生懸命本も読んだけど、何だか乳幼児にカードをフラッシュさせるのも…と、不採用。
七田真先生の本も読んで、教室のことも調べてけど、やはりこのフラッシュカードを使って右脳を鍛える…。
何だかなあ~…と、結局やらず仕舞。
陰山先生のことは、塾も無いような田舎の小学生を、難関中学に合格させた先生と、かなり早くから武田鉄也氏がラジオで紹介していたことを、義母から聞いてはいたけど…。何だかな~…。
感覚的に受け付けなかったのです…。
中学生になって、色んな問題に苦労はしてるけど、
まあ、それも修行のうち…と自分に言い聞かせる母でした…。(^^;

Posted by: mamma | September 28, 2006 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/12040622

Listed below are links to weblogs that reference ドリルに飽きた子どもたち:

« 佐賀のがばいばあちゃん | Main | 子どもの周囲の大人として… »