« 子どもの理解度 4つの問いかけ | Main | 花火大会にて・・・ »

July 16, 2006

紫外線、熱中症予防に帽子を!

たまたまつけたTVで「あるある大事典」をやってた。

テーマは「熱中症予防」ということで、途中からちょっぴり観てたら、

熱中症予防には、帽子が効果的とレポートしていた。

帽子を被らない人は、被っている人に比べて

頭の温度が随分高くなり、

体温も平熱だったのが37度を超えていた。

ところが、帽子を被りっぱなしだと、

今度は帽子の中の湿度が上がり、

かいた汗が蒸発できなくなって体温も下がらない。

そこで、脳は、体温低下を図るため、

ますます汗をかくように指令を出す。

その悪循環で、帽子の中は汗だく、表面温度も体温も高くなる。

そこで、時々帽子を外して通気をすることで

随分、その状況が緩和し、

帽子の中の表面温度も、体温も、

さほど急激に上がることはないそうな・・・。

そう、ずっと気になってたんだけど、

小学生は帽子を被ってるけど、

中高生は、全く被ってない・・・。

部活などする時は別だろうけど、グラウンドで体育の時もない!

我が子の入部したテニス部は、

キャップを一律で購入して部活動中はこれを被ってはいるけど・・・。

通学、体育時に、せめて帽子着用を義務化、または推奨してはどうだろう。。。

紫外線で皮膚炎を起こす人も多い時代・・・。

特に、アトピー性皮膚炎を持つ生徒には、春先から辛い日が続いている・・・。

帽子の着用、ぜひ、早急に進めていただきたいなあ。

間もなく個人懇談があるので、担任の先生にもお話してみよう・・・。

そういえば、前出の番組で、

熱中症は、湿度70%以上の時は、要注意!と呼びかけていた。

表面の汗が蒸発しなくなるので、

体温が下がらないんだとか・・・。

それも、夕方、ちょっと日差しが弱くなってからの時間帯、

特に夕立ち後が一番湿度が高くなるとか・・・。

いずれにしても、外出には必ず水分を持ち歩くのが一番かも・・・。

|

« 子どもの理解度 4つの問いかけ | Main | 花火大会にて・・・ »

Comments

見ましたよ~、これ。
帽子をかぶり続けるのもよくないというのにはちょっとびっくりでした。
昔はくろんぼ大会(あれ、この名称って、もしかして良くないかな)なんて、日焼けを自慢したものだったけど、紫外線なども、最近は本当に心配になります。学生さん向けに、帽子業界にもがんばってほしいわ。

Posted by: つぼみ | July 17, 2006 at 07:51 PM

私は今の時期、外出の時は
長袖、手袋、帽子または日傘です
ほとんど肌を出さず・・・(笑)
最近は紫外線が怖いですからね
帽子をかぶり続けるのは
よくないと言うのは以外でした^^

Posted by: すみれ | July 18, 2006 at 02:21 PM

つぼみさん、こんばんは!
ホント、真っ黒に日焼けした方が、健康的で良いというのが昔の考え方でしたが、今はそうは言ってられませんね~。
紫外線の強くなる時期から、肌トラブルが始まる方が増えると聞きました。それも、やはり日の当たる場所に・・・なんですよね~。顔や手、袖から出た腕・・・。
アトピー性皮膚炎を初めとしたアレルギー体質の方は多いし、子どもたちを紫外線から守る方策を考えていく必要がありますね!

Posted by: mamma | July 18, 2006 at 11:22 PM

すみれさん、こんばんは!
そうそう、私たち大人は、色々と日よけの手があるのですが、制服が決められる中学生、高校生は、思うような格好ができないんですよね・・・。夏服は必ず半袖ですし・・・。
昔、何十年も前には、ちゃんと制帽があったと地域の方に聞きました。
夏は麦藁帽子、冬はフェルト帽子・・・。
麦藁帽子というのも、帽子内の蒸れ予防には効果的ですよね!!

Posted by: mamma | July 18, 2006 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/10970802

Listed below are links to weblogs that reference 紫外線、熱中症予防に帽子を!:

» 子供の絵本も、いいものがたくさんあって、大人が読んでもおもしろいですね。 [RSD友の会]
子供の絵本も、いいものがたくさんあって、大人が読んでもおもしろいですね。一緒にな [Read More]

Tracked on July 18, 2006 at 10:14 PM

« 子どもの理解度 4つの問いかけ | Main | 花火大会にて・・・ »