« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

歯医者さんへ連れて行く前に・・・

昨日は、歯医者さんに出かけ、口の中のクリーニングをしていただきました。

私がかかっている歯医者さんは、個室・・・まではいきませんが、それに近い形で、診察コーナーに分かれているので、お口ああんぐり状態を、他の患者さんに見られることなく処置していただけるのがありがたいです。

その処置中に、他のコーナーから聞こえてきた、小さな女の子らしき悲鳴にも似た泣き声。全身全霊で泣いて、周囲の大人に訴えている・・・。

「どうしてこんなことするの? 私に何をしようとしているの・・・?」

それは、自分の身を危険から守るための必死の抵抗でもあって、大人が思っている以上に深刻なこと・・・。きっと彼女は、何の為に、何故、歯医者さんの大きな機械に囲まれたイスに座らされなければならないのか・・・、理解できておらず、ただ、恐怖におののいているのでしょう。

このようなシーンは、小児科でもよくありますね・・・。

我が子がまだ2歳の頃、急な高熱で点滴を受けることになった時、救急外来の先生方は、幼子の唯一の味方、母親を診察室から出して不安にさせ、恐らく、看護婦さんが馬乗りになって注射をして母を呼び戻しました・・・。

私もまだ若かったので言われるがままでしたが、後でよくよく考えて随分後悔したものです。だって、我が子はちゃんと予防接種を受けられていたから。(勿論、終わった後で「やっぱり痛い!」と泣いてましたが・・・。)

子どもは、結構小さい内から大人の言うことを理解しています。

特に、一緒に炒る時間の長い親の言うことは・・・。

だから、2歳前後の予防注射などは、予め痛い注射をこれから打つことをちゃんと納得していれば、拒否して暴れたりすることもなく、すんなり治療を受けます。

その「痛い注射を受けなかったら、どんなデメリットがあるか」、注射も、「はじめチックとするけれど、すぐに終わる」ということ、これをちゃんと納得できていれば、ちゃんと我慢できます。けれど、何もしないからと、1回でもだまして連れて行って注射などされたものなら、当然次からもちょっとしたことで、まただまされる・・・という恐怖心と猜疑心を持つことでしょう。

歯医者さんも、そこがどんなところで、歯医者さんにどんなことをしてもらうのか、その処置はどんな意味があって、それを受けなかったらどんなデメリットが自分に降りかかってくるのかを、ちゃんと説明して、歯医者さんに行くことを子どもの了解を得ての受診であれば、ここまでこの子も全身全霊で講義する必要も無かったし、恐怖心を味わうことも無かったでしょう。。。お母さんも、歯医者さんも嫌な思いをしなくて良かったでしょう・・・。

何事も、子どもにも分かるように説明して納得させておくことを普段から心がけていれば、結構すんなり色んな難題がクリアできるように思います。

力ずく、だまし・・・は、子どもの信頼を失い、その次からがとっても難しくなると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

小学生のキャリア教育

明日は、公民館で「夢計画書作り」を行います。

よく小学校6年生になると、「将来何になりたい?」なんてテーマで

作文を書いたり、絵を描いたりします。

でも、その子が語るその夢を、言葉を、どこまで本気で聞いてあげるか・・・。

というと、正直、どうせ夢は夢・・・で終わらせているような気がして・・・。

実は、中学生になると、急に勉強が難しくなって、

学力の面で限界を感じさせられることがあったりして、

自分の自己評価がぐう~んと下がっちゃうというケースをよく聞きます。

我が子も、中学1年生ですが、

卒業までずっと語っていた夢を、とたんに語らなくなりました・・・。

それは、勿論、思春期と言う成長過程のなせる業かも知れないけど・・・。

だったら、まだ夢を夢として語る時期に、

自分の生き方のようなものを考えるチャンスを持とうではないか

というのが、今回の企画です。

「夢」や漠然とした「目標」を持ったときに、

それを具体的にイメージして明確化し、

子どもなりにプランニング、

じゃあ、今から、何をしていけばよいのか・・・

そんなことを考える体験をすることで、

人生のターニングポイントを迎えた時、

自分の道を見つけていく何かの助けになれば・・・

という思いです。

第1回目の明日は、人生の先輩達の生き方から学ぶというテーマで

伝記から有名人の生き方を垣間見て、

身近にいらっしゃる人生の先輩達の生き方を聞きます。

元広島東洋カープの選手、

起業家でキャリアプランニングにも関わっていらっしゃる経営者、

中学校の女性教師、

のみなさんから、子どもたちに語っていただきます。

色んな職業があることを知る方法として、

「13歳のハローワーク」も紹介するつもりです。

残念ながら、参加人数が少ないようですが、

でも、有意義な時間にできるようがんばってきます!

関連記事は、こちら。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 23, 2006

花火大会にて・・・

昨夜、広島港にて花火大会が行われました。

午前中、部活があって疲れから昼寝をしていて興味の無かった我が子も、友人からのメールですっかり行く気になり、夕方から急遽出かけることに・・・。

その友人は、家族で早くから会場まで出かけていたらしく、後発の我が家は、隣町の丁度会場が臨めるあたりの漁港へ向かいました。

案の定、周辺から来た家族連れ、車もたくさん集まって来てましたが、ちゃんとした駐車場に停め、少し距離はあったものの、大玉などは、振動を感じるくらいなかなかの迫力でした。

風下だった為、煙で一部見えないのが残念でしたが。。。

私のPHSで我が子が撮ってくれた大玉写真がこちら!

Hanabi2Hanabi1   

HanabiHanabi3_1ちょっと変わった形のものも沢山ありました。

ハートがひっくり返ったもの。火の鳥のような形。

ちょっと分かりにくいかなあ・・・!?

ファミリーでのこの夏の初イベント。

さて、あと何回一緒に出かけられるかなあ・・・?

各地で相次ぐ豪雨被害・・・。

被害に遭われた方たちの哀しみ、不安を思うと、心が痛みます。

心からお見舞い申し上げます。

何気ない日常が送れることのありがたさを、しみじみ感じます。

日々の感謝の心と、もったいない精神、そして、分かち合う気持ち、

小さな私たち一人一人にも、できることは沢山あるのかもしれない・・・ですね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2006

紫外線、熱中症予防に帽子を!

たまたまつけたTVで「あるある大事典」をやってた。

テーマは「熱中症予防」ということで、途中からちょっぴり観てたら、

熱中症予防には、帽子が効果的とレポートしていた。

帽子を被らない人は、被っている人に比べて

頭の温度が随分高くなり、

体温も平熱だったのが37度を超えていた。

ところが、帽子を被りっぱなしだと、

今度は帽子の中の湿度が上がり、

かいた汗が蒸発できなくなって体温も下がらない。

そこで、脳は、体温低下を図るため、

ますます汗をかくように指令を出す。

その悪循環で、帽子の中は汗だく、表面温度も体温も高くなる。

そこで、時々帽子を外して通気をすることで

随分、その状況が緩和し、

帽子の中の表面温度も、体温も、

さほど急激に上がることはないそうな・・・。

そう、ずっと気になってたんだけど、

小学生は帽子を被ってるけど、

中高生は、全く被ってない・・・。

部活などする時は別だろうけど、グラウンドで体育の時もない!

我が子の入部したテニス部は、

キャップを一律で購入して部活動中はこれを被ってはいるけど・・・。

通学、体育時に、せめて帽子着用を義務化、または推奨してはどうだろう。。。

紫外線で皮膚炎を起こす人も多い時代・・・。

特に、アトピー性皮膚炎を持つ生徒には、春先から辛い日が続いている・・・。

帽子の着用、ぜひ、早急に進めていただきたいなあ。

間もなく個人懇談があるので、担任の先生にもお話してみよう・・・。

そういえば、前出の番組で、

熱中症は、湿度70%以上の時は、要注意!と呼びかけていた。

表面の汗が蒸発しなくなるので、

体温が下がらないんだとか・・・。

それも、夕方、ちょっと日差しが弱くなってからの時間帯、

特に夕立ち後が一番湿度が高くなるとか・・・。

いずれにしても、外出には必ず水分を持ち歩くのが一番かも・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 10, 2006

子どもの理解度 4つの問いかけ

大阪で、母親を三男が撲殺したという事件を受け、

青少年の気持ちを理解して、彼らと付き合う上で大切なことは何かについて

沢山の著作がある富田冨士也さんが、

今朝のニュース番組で保護者に向けて4つの問いかけをされていた。

 1.100m先の我が子に、気が付きますか?

 2.子どもが関心を寄せる事柄を、10個言えますか?

 3.ふがいない自分の歴史を、子どもに話せますか?

 4.子どもの弱音を、黙って最後まで聞けますか?

う~ん・・・・。

1~3は、まだ何とかクリアできるかなあ・・・と思えるんだけど、

問題は4番。

そうだよなあ・・・。

ついつい話の先取りをして、叱咤激励したくなっちゃうよね~・・・。

実はそれが消化不良になるのかも・・・。

これをクリアしないからと言って、即、

このような事件に繋がるわけではないけど、

少し大人側が子どもの心の理解に気をつけるようにしていたら、

こんな結果には至らなかったのかもしれない。。。

富田さんの著作から・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 07, 2006

七夕情報

今日は七夕。でも、曇ってて星は見えません・・・(残念!)。

気分だけは七夕で、星空豆知識をゲットしてみましょう!

こちら、天体情報はピカイチの「アストロアーツ」

七夕特集で、織姫、彦星がどれか、分かります。

夏の大三角も・・・。

小学校4年生の天体習いたてのみなさんにはお薦めのサイト。

木星の表面の写真は、なんともいえない表情を醸し出して、

新しい渦巻きができたことが解説されています。

また、土星に9個の新しい衛星が発見されたとも・・・。

お子様用の天体情報サイトもあるので、

一緒にきれいな天体の映像を楽しんで見ませんか?

夏休みの宿題にも、きっと役に立つサイトです。

ココログがなかなか開けず、

すっかりタイミングの悪い情報になってしまいました・・・。トホホ・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 03, 2006

腐らないおにぎり

あるスポーツ少年団の練習で用意されたコンビニのおにぎり。

保護者の分も含め人数分買って来たつもりが、いざ配ろうとすると1つ足りない。

おかしい、おかしい・・・

いくら探しても見つからない・・・。

結局見つからないまま。

数日後、同じ場所でそのおにぎりが見つかった。

日付もその練習日になっている・・・。

数日間、外で野ざらしになっていたそのおにぎりは、

何の遜色も無く、フィルムを剥がせばすぐにでも食べられるような状態だったとか・・・。

勿論、その方はすぐにそれを処分されたけれど、数日間外にあっても腐らないおにぎりを、食べたり食べさせてしまったことの方が恐ろしい・・・とおっしゃったとか・・・。

嘘のようなホントの話・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | August 2006 »