« 夏至の日のキャンドルナイト | Main | 子どもに罰を与えると・・・!? »

June 23, 2006

こんなもの食べさせていいんだろうか?

衝撃的な本に出合った!

それまで、「買ってはいけない」などの本を読んでは、食品添加物の危険性は知っているつもりでいた。

気をつけていたつもりだったけど、それでも、実は、想像以上の添加物を口にしていることがわかった。

それは、例えば、しょうゆや塩、お酢、お酒といった、最も基本的な調味料から始まる。

昔ながらのしょうゆは、丸大豆しょうゆ、それに対して、よく特売などされる新式醸造しょうゆは、アミノ酸と称するグルタミン酸ナトリウム、甘味料、酸味料、増粘多糖類、カラメル色素、保存料でできた、しょうゆ風調味料になっているそうな・・・。

塩も、いかにも自然に海水から取り出した塩っぽく表示されているものも、海外から輸入した岩塩や天日塩を海水につけて、再度結晶させて、一部のミネラル分を後から足したものだとか・・・。

私は買わないけれど、子どもたちに人気の出来合いのミートボール、破棄寸前の骨についていた肉を30種類の「白い粉」で再生させた大ヒット商品だったとか・・・。

添加物を売り歩き、様々な食品メーカーの相談に乗り、このミートボールなど加工食品の開発にも取り組んでいたこの著者が、そのミートボールを、我が子がとっても喜んで食べていたことが、大変なショックで、自身のそれまでの生き方を変えることに繋がり、逆に現在の食品添加物の現状と、未来に向けてどうすればよいかを提言する活動を始める。

白い粉を調合するだけでできるラーメンスープ、めんつゆ、現在、著者は講演先で実際にその様子を見せ、味見してもらって、その驚愕の事実を私たちに教えてくれている・・・。

本の中では、「たんぱく質加水分解物」と「ブドウ糖果糖液糖」だけは、子どもたちに与えないようにしたい添加物として紹介している。

たんぱく質加水分解物は、いわゆる天然だしと表示されているものから、ラーメンスープまで、様々な食品にうまみ成分として使われている添加物だが、塩酸でたんぱく質を分解させて作られる。発ガン性の疑われる塩素化合物もできてしまうので、メーカーは残留性を厳しくチェックしているらしい。これが入っているものは、そんなものの無かった時代に育った著者のおばあちゃんには、「変な味、舌がおかしくなる」のだけれど、子どもたちは「美味しい」もの。

ブドウ糖果糖液糖は、爽やかな甘味を出す為に様々なジュースに使われ、500mlのペットボトルに60ml、砂糖にすると約50gの糖分に相当する量が入っているんだとか・・・。これに、味や色をつけることで、色んなバリエーションのジュースができる・・・。

子どもの肥満、糖尿病の心配が増える中、子どもたちが大好きなジュースが何でできているのか、私たちは、まず現実を直視する必要があるのかもしれない・・・。

|

« 夏至の日のキャンドルナイト | Main | 子どもに罰を与えると・・・!? »

Comments

ミートボールのこと、
前にも聞いたことがあるんだけど
お弁当にはなかなか便利な一品で・・。
生協のでも、やっぱりだめなのかしら?
ほんとに、食品の正体・・・こわいですね。

Posted by: つぼみ | June 25, 2006 at 03:01 PM

つぼみさん、こんばんは!
骨から削り取られた肉は、現在ペットフードに使われていると記述されていますから、今では使われていないのかも・・・。
ビーフエキス・化学調味料・ラード・加工でんぷん・結着剤・乳化剤・着色料・保存料・PH調整剤・酸化防止剤などを加えて本体を作り、これにソースも様々な添加物を加えてケチャップソースもどきを作ったそうです。
現在販売されているミートボール、添加物表示をチェックされてみるのが一番だと思います。
著者が開発に関わったミートボールは、売値100円でも原価が20~30円で、この商品だけでこの会社のビルが建ったと・・・。

Posted by: mamma | June 25, 2006 at 10:25 PM

mammaさん こんばんわ
私も長女が小さい頃に『危ない食品1000』と言う本を友達から借りて読んだ事があります。(友達には止められたけど)読んで何も買えなくなりました。
黒飴には、道路のコ-ルタールと同じ成分が入っているし、ウインナーに入っているソルビン酸(今でも入っているよ)は保存料ですが、発がん性があるそうです。そのほかも見たらスーパーでは、買い物が出来無くなりました。
もっと人間の将来を考えた食品を提供する事を政府も考えてほしいけど、無理なら私達が 自分で守るしかないんだよね。

Posted by: マヤmama | June 26, 2006 at 09:44 PM

私も本当に買い物には時間がかかります。
じっくり表示を見て、素材や添加物を確認して、できるだけ身体に負担のないものを選ぶようにしています。
それが、子どもだけでなく、子どもの次の世代の健康にも環境にもとても大切なことと思うから・・・。
あと、排毒すること。
食べる前に、流水で洗って水につけたり、脂を茹でこぼすなどの処理をするだけで随分農薬類が排出されるとか・・・。
体内に取り込んじゃったものは、葉緑素を持つ緑のお野菜で体外へ排出!勿論、便秘にならないよう、繊維質も。
子どもたちにも、教えとこう~!!

Posted by: mamma | June 27, 2006 at 05:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/10644183

Listed below are links to weblogs that reference こんなもの食べさせていいんだろうか?:

« 夏至の日のキャンドルナイト | Main | 子どもに罰を与えると・・・!? »