« April 2006 | Main | June 2006 »

May 30, 2006

火起し体験

小学校6年生の歴史の授業で、これから「火起し体験」にチャレンジする子どもたちも多いことと思います。

Hiokoshi_1 画像は数年前に、エコクラブの活動で体験させていただいたものです。

この起こし方を「まいぎり式」と言うそうです。

真中の心棒を早く回転させ、その摩擦で、

下の板の削れた粉が火種となり、

それを燃えやすいものにこぼして息を吹きかけることで火を起こす。

板には予め、回転させる場所を固定させやすいよう少し削ってあったり、削れた粉が火種となった時に、すぐにその穴から外へ移しやすいよう、木片の外側に向かって切れ目を入れておくことがコツだそう・・・。

ところが、この心棒を回転させるのが結構難しい!

ヘタすると、心棒が穴から飛び出してしまう・・・。

それでも何とか煙が出始めたのが見えるかなあ・・・!?

6年生の授業では、2時間かけて火起こし体験すると聞いていたので、

恐らくそうすぐにはつくまいと、ゆっくり出かけて見学させていただいたのだけれど、

何の何の、既に火を起こしてバーベキューを始めていた・・・。(いやはや・・・。)

でも、中にはまだのグループもあり、

その子達はやや焦り気味・・・。がんばれがんばれ・・・。

残り時間僅か・・・という時に、先生のアドバイスもあって

ようやくそのグループも点火!よかったね~。

休憩時間も使って、バーベキューをしてました。

ところが、他のクラスでは、最後まで火を起こすことができなかったグループがあり、バーベキューもできないまま、各自用意してきた食材を持ち帰ったらしくて・・・。

この機会を逃したら、まいぎり式の火起こし体験なんて、二度とやる機会が無い子が殆どだろうから、ちゃんとコツを教えて、結論を出すところまで導いてくださったらよかったのに・・・なんて思っちゃいました。

人生、そんなに甘くない!! できなかったから仕方ない!

そう言う先生も居られると聞き、何年も前からそのようになってると聞きました。

いや、だからこそ、何故つかないのか、どこを改善したらできたのか、そして、最後にはやり切った!・・・そこまでを体験するのが、このような取り組みのめあてじゃないのかなあ・・・。

・・・・?・・・・?・・・・?・・・・?・・・・?・・・・?・・・・?・・・・?・・・・

ところで、この「まいぎり式」は、実は江戸時代に使われたものと言われ、実際には、この心棒だけを手のひらで回して火種を作る「もみぎり式」だったそう・・・。とすれば、古代史を習う時期ではなく、江戸時代まで入った時期にやる方が良いのでしょうけど・・・。江戸時代といえば、火打石のイメージだなあ・・・。マッチができたのは、いつ頃なんだろう~!? 

詳しくは、こちらのサイトパンフレット「火起しの歴史」(pdf)が参考になります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 29, 2006

勾玉(まがたま)作り

小学校6年生で習う日本古代史は、火おこし体験、埴輪(はにわ)作り、勾玉作りと、楽しい創作活動がいっぱい!

その勾玉作り。我が家は数年前に出雲方面へ出かけて、いずもめのう細工伝承館(いずもまがたまの里伝承館)にて体験させていただいた。

玉造温泉周辺が、まさしくこの「めのう」の原石を採掘できる場所で、この地で勾玉が作られていたのだそうです。だから玉造(たまつくり)っていうのね~!!

Menou この陳列ケースの上にあるブロック上の石が「砥石」。この石の上でごしごしこすりながら、原石を磨いていたのだとか・・・。

下の段に陳列してあるのが、原石と削った後の石。

実は、この「めのう」を上の段にあるような砥石で磨く体験を、その前に広島市の弥生時代体験イベントでトライしたことがあるんだけど、これがまた、いくら一生懸命磨いても、なかなか・・・。とても硬いのです。何日もかかって一つの石を磨くよう・・・。

Menou1

これがその製作過程。右から順に削っていって、最後、左端のきれいな緑色の勾玉になるというわけ。磨く前の石が白っぽいのに、磨けばこんなにきれいになるって、凄いですね~!!

石も人も、磨けば光る!

そんな石を連ねて身につけた方々は、ホントに高貴な方々と言えますね・・・。

Magatama聖徳太子のドラマの撮影用に、実際の石を使って作られたものが、展示してありました。

きれいでしたが、ガラスで反射して、ちょっと見づらいのが残念!

Rouseki勾玉作りを、この伝承館では、ろう石という柔らかい石を使って体験できます。こちらはホントに簡単に、糸のこややすりを使って、どんどん形を作っていき、サンドペーパーで磨いて出来上がり。

6年生の歴史の授業でも、この体験をしたそうです。

Menou2_1 店では、めのうをスライスしたものが、ステンドグラス風に窓ガラスに飾ってありました。きれいですね~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 28, 2006

カタツムリを見たこと無いって・・・?

友人から、子どもたちがカタツムリの実物を見たことがないと聞き、驚いてしまった!

そう、住まいは山を切り開いて作られた団地の中。確かに、団地の中では、ナメクジは沢山見るけど、カタツムリは目にしたことが無いかも・・・。

そんなわけで、実家の畑から連れて行ってあげることに・・・。

すると、下校した子どもたちは大喜び!

お友達との約束もキャンセルして観察しようとしてくれたそうで、いやいや、カタツムリは逃げないからと説得して送り出したそうな・・・。

そうかあ・・・。

Maimai昆虫飼育用のケースの中で飼われることになったカタツムリくん。角のような触覚を器用に動かして愛想を振り撒いてくれていた。

あじさいの葉の上で、親子(!?)でお休み中の様子。

こちらは、葉の裏に隠れてひっついていました。

Maimai2 でも最近、菌を持っていることが分かりましたので、触わった後は、よくよく手を洗いましょうね!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 27, 2006

新月の夜

今日は新月。あいにくの曇天で、空の様子を観ることはできませんが。。。

この大きな地球上に住む私たちは、普段、この星が動いていること、他の星たちも動きながら、お互いに影響しあっていることなどすっかり忘れてしまっています。昔の人々が、天動説を信じて疑わなかったこと、理解できます。ハイ。

なかなか、この太陽系の惑星間の動きも、その周期など覚えていない私ですが、でも、なんとなく「月」の動きは、ちょっぴり意識するようにしています。

何しろ、「ひと月」とか、「十月十日」とか、「月経」とか、「お産」とか・・・。特に女性には、身近なものですね。

釣りや潮干狩りなど楽しむ方にも、潮の満ち干きは、月の影響を大きく受けているわけですから・・・。

先日、ボートが、満ち潮の影響で水位が上がっていた浜名湖で、新幹線の橋げたに衝突という事故があったようですが、これも、自然の動きを知っていれば・・・ととても残念な事故でしたね。中学校の教師だったというのが、ますます残念だなあと思うのですが・・・。

釣りや潮干狩り、海水浴など、潮の満ち干きはとても大切なので、注意が必要ですね。

さて、今宵の新月。

これから満ちていくお月様に、ちょっぴり願いを込めて、なりたい自分をイメージしてみるのも良いかもしれませんね。

我が子に優しくできる自分、ありのままを受け入れられる自分、お手本になれる自分・・・。

う~ん、なかなか難しそうなテーマですが、前向きにイメージしてみるとしましょう。

新月は、身体の浄化や新しいことを始めるのに適しているとか・・・。

禁煙等を始めるのも禁断症状が出にくいとも・・・。

私の場合、とりあえずパソコン中毒や夜更かしをやめるとするかなあ。

これを入力したら、寝ることにします。(もう、ちょっと遅い・・・!?)

子育てとは違うナチュラルライフをテーマにしたブログも始めてみました。

月の働きや昔から使われてきた暦をちょっぴり意識して、毎日を生活してみるのもいいかもしれませんね~。

ちなみに、お子さんやみなさん自身が生まれたときの月齢を、こちらのサイトで確認できますよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 26, 2006

小学生の夢計画書作り

地域の小学生を対象に、能動的に、主体的に、自分の意志で行動し、生きていく為のスピリッツを養うきっかけ作りを目指した取り組みを、今年も夏休みに実施することになりました。

これは、3年間の連続事業で、一昨年は「お店開き」体験。広島の青年会議所や商業高校のみなさんに協力をいただき、自分達で商品作りから、販売までを簡単に体験しました。

二年目の昨年は、地元に誇れる商品開発。地元企業の協力を得て、わが町の銘菓開発プロジェクトを実施。これには、起業家教育や若者の就業相談などに関わっておられる、広島の経営者や大学の先生にも、ご協力いただきました。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

さて、今年、仕上げの三年目。

先日、担当者と、今年はどうしようかね~・・・なんて話をして、やはり、夢や目標を自分の人生に当てはめて、具体的にプランニングしてみるのはどうだろう・・・ということで、ライフプラン作りを実施することに。

これから詳細は詰めていきますが、例えば、イチロー選手のように、将来プロ野球選手になりたければ、どのような方法で、どこの学校ヘ行き、そのためにはどのように毎日を過ごせばよいか。今、やるべきことは何か・・・。それを具体的に考えてみようという取り組みです。

将来、何になりたい?

とは、よく聞かれることですね。

それをもうちょっと、長期にわたるプランを立ててみたら、案外面白いかもしれませんよ!

さてさて、面白くなりそうです・・・。

ただ、問題は、今の小学生達はとても忙しく、なかなかこのような町のイベントに参加できないこと・・・。割ける時間も短いのです。

短時間でできることは限られていますが、この活動の役割はきっかけ作り。

あとは子どもたちがそれぞれのシチュエーションで、この体験の記憶をどこかで活用してくれればいいなあと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

どんぐりの芽の成長!

植物が、ぐんぐん伸びるこの季節。

我が家のどんぐりぼうやも、2年目の成長を見せています。

Donguri1 こちら、昨年の今頃、1年目のどんぐり。

まだまだかわいい芽ですね!

秋には葉を落とし、木だけになっていましたが、

Donguri22年目、ちゃんと葉を広げました。

ちょっぴり虫食いの葉もありますが・・・。

確か、小学校から持ち帰った実を

私が植えたものだったと・・・。

その実を写真に残しておけば、どんぐりの種類もわかったのになあ。

どんぐりも、1冊の図鑑になるくらい沢山種類があるんですよね。

でも、一般的に公園などで見られるどんぐりは、種類も限られます。

みなさんもこの秋、どんぐり拾いを楽しんだ後、

実際の名前は何か、シイの木の一種か、カシの木の一種か、

或いは、食べて美味しいどんぐりか、調べてみて、

いくつか植えてみませんか?

さて、何年目から、実をつけるのでしょう・・・。

どの種類のどんぐりだったか、そのときまで楽しみにしておくとしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

疑心暗鬼で人間関係が・・・

小学生が連続して亡くなった地域で、小学1年生の事件は、犯人が地元の人という説が流れ、まことしやかな噂話が地域に飛び交っているようです。

実は、隣の校区の小学生が犠牲になった事件が起こった時も、同様の噂話が、隣の校区の我が家の耳にも入ってきました。

実際、犯人扱いを受けて、寝込んでしまった人がいるとも聞きました。

また、同じ学校の児童が犯人だという説も耳に入ってきました。

その学校の保護者の方から回って来た話です。

警察が聞き込みに訪ねた家には、必ず後から、マスコミが何を聞かれたかを聞きに来ます。

色んな憶測が飛び交い、根も葉もない話が、輪をかけて大きくなって噂話として広がっていきます。

勿論、憎むべきはその犯行だけれど、疑心暗鬼から来る噂話や、場合によっては周囲からの犯人扱いは、集団いじめ的な様相を呈してきます。

どうか、こんな時こそ冷静に・・・。

返って問題を複雑にし、子どもたちの心をより傷つけ、

子ども同士の人間関係にも、大きなひびを残すことになるかもしれません。

被害者も遺族の方たちも、そんなことは望んでいないはず。

犯行を起こさせない、犯罪被害者を生まない、

そんな地域作りを・・・

みんなで考えていきたいものです。

そして、マスコミの暴走を

一種の暴力として、許さないでいたいものです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 22, 2006

豆笛、ピーピー!

下校する小学生の列から、豆笛の音が聞こえてきた。

そう、カラスノエンドウの豆笛。

初めは慣れるまでなかなか音が出せないのですが、中綿をしっかり出すのがコツ!音が出ると嬉しいですね・・・。

Karasunoendou思わず童心に戻るひと時。

子どもたちも、音を出そうと必死です。

我が家にも1本生えてきましたので、豆笛の為に抜かずに取っておきました。

そんなわけで、早速私もと、ふっくらした豆をもぎ取って豆笛作り。

Mamebue 茎についていた部分をちぎり取り、皮の合わさった部分を爪で開けて豆を取る。豆を固定していた白い中綿のようなものもしっかり爪でこそぎ取る。再び皮を合わせて豆の形に戻し、切り取ってない方(写真右側)から吹く。

さあ、音は出ましたか?

実はこの野草、食べられるんですって!!

但し、豆ではなく、柔らかい若い芽が。

おひたしなどにして・・・。

知ってはいましたが、未体験です。

タンポポのお花は、食べましたが・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 21, 2006

岡本太郎氏の「明日の神話」

「芸術は爆発だ~!」で有名な、岡本太郎氏。その壁画の展覧会に行って来ました。

Tarookamoto1_3 そう、メキシコで見つかって修復中という「明日の神話」。

晩年の作品かと思いきや、製作は40年前に始まっていたとか。

メキシコ・オリンピック開催に向けて建設されていた超高層ホテルの

そのエントランスに置かれるため、ホテル建設の事業主から依頼を受け、製作されたもの。

高さ5.5m、幅30mというスケールの大きな壁画で、コンクリートブロックの表面を手作業で磨き、その上に描かれたのだそうです。

その様子は、当時の写真をこちらで見ることができます。

展示会では、キャンバス地に描かれたその原画を、3枚展示してありました。

そのうち1枚は、原寸の三分の一。これでも結構大きくて見ごたえがあります。

Tarookamoto2_2 当時、岡本氏は、あの有名な大阪万博のシンボル

「太陽の塔」を日本で製作しながら、

並行してこの「明日の神話」をメキシコで製作を進めていたとか。

結局、ホテル建設がオリンピック開催に間に合わず、事業主が亡くなってしまったことなどもあり、その壁画が描かれたコンクリートブロックの行方が長い間分からなかったのだそうです。

何十年の時を経てようやく見つかったこの壁画、修復中の原寸大写真が部屋の壁一面に展示してあり、圧巻でした!

テーマは「原爆」。

得てして暗く、嘆きと悲しみにうちひしがれることになるこのテーマに、岡本氏のメッセージは、ちょっと違っているようです。

他に類を見ない、超強烈なエネルギーの爆発による、大勢の人々の被害とその苦しみのエネルギー。大きな絵の隅々にまで、様々な表現が施され、それは時に胸を突き、被害を受けた方たちの苦しみに思いをはせながら、それでも生き残り、街をも再生してきた方たちの強さを感じさせる。そんな葛藤の中に、「明日の神話」があるのでしょう。

ポスターになっている絵は、大きな壁画の中心部。

その大きな爆発のエネルギーが生み出す色んなものたちを、ぜひ、原画や壁画のレプリカから探してみてください!

岡本氏の語りかけるもの、色々感じるものがあることでしょう。

多感な思春期の子どもたちに、お薦め!

・・・小さな子どもたちには、ちょっと怖いかな・・・?

戦時中、今の広島港から出兵し、戦後しばらく捕虜であったことを

展示物で初めて知りました。

その足跡や、他の作品も展示してあり、

これまでテレビでしか知らなかった岡本氏のイメージが

音を立てて崩れていくのを感じました。

ごめんなさ~い・・・という気持ちでいっぱい。

広島近郊のみなさん、来週の日曜日までです。

ぜひ、ご覧になってみてください!

詳細はこちらで!

前売り券をゲットすると、大人一人210円お得ですが、

美術館すぐ近くの段原サティでは、大人&中高生は

残念ながら既に売り切れでした!

5月28日(日)まで、広島市現代美術館にて開催中!

Tarookamoto3_1

ところで、おなじみの「太陽の塔」、

裏側にも顔があるとは、知らなかった!!

これは、美術館エントランスに展示された「太陽の塔」裏側。

実は模型の実物で、許可を戴いて、撮影しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

ハリー・ポッター禁止令!

待望の最新作、ハリー・ポッターと謎のプリンスが発売となり、以前から予約していた本が我が家にも届きました。勿論、我が子も予約開始日からずっと心待ちにしていたのですが・・・。

何を隠そう試験前。それでなくても大量の宿題にいっぱいいっぱいなのに、試験前の復習をする時間も捻出が難しい状態。(何しろ、帰宅時間約1時間半ですから・・・。こんなはずじゃなかったんだけど、思った以上に時間がかかってる・・。)

そんなわけで、当然、封は開けないまま。

ハリー・ポッター禁止令を発令。

試験が終わってからのお楽しみとなりました。

もう読んだ皆さん、面白かった?

それにしても、発売時期を考えて欲しいなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年初メロン!

正直、病み上がりの身にメロンは、身体を冷やすしあまり好ましくないんだけど・・・、実家から戴いた初もの!夕食のデザートに出す前に、記念の1枚。

Melon いやあ、見れば見るほど見事な網目模様。どうしてこんな模様ができるんだろうね~。魚拓ならぬメロン拓を取りたくなりました。

なにやってんだ~!?と横目で見る我が子。「早く切って!」と言わんばかり。

撮影後に切ってると、ん!? 何だか柔らかすぎ・・・!?

やはり、あまり美味しいとはいえなかった!!

よく見ると、食べごろは15日頃となっていた。あ~!! 4日も過ぎてた・・・。でも、4日前じゃあ、食べられなかったなあ、私。

最近は、生産者の方が食べごろを付けててくださるけど、メロンの食べごろってホントに見分けがつきませんよね~。

結局、メロン拓もあきらめ、明日はこの熟しすぎのメロンと何かを混ぜて、寒天ゼリーにでもするかなあ・・・。

何気ない野菜や果物、食べ物たちを観察する習慣をつけませんか?

理科の観察力にも繋がりますが、何より、自分の食べ物が何ものであるかを知る第一歩になります。野菜・果物の他、魚、お肉、加工品、色んなことが子どもたちの好奇心の対象になるはず。夏休みの自由研究テーマにもつながるかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

風邪の手当て・・・咳が出そう!?

起きられるようになったかなあと思ってたら、今度はひとつふたつ・・・咳。

私は、過去の経験から、一度咳き込み始めるとなかなか治らない。

気管支じゅう、ぴきぴき言ってる気がすれど、熱が出るわけでもなく、ただひたすら体中を使って咳き込み、やがて背中やおなか回りの筋肉が痛み始める。

これが、どんな検査をしても、どんな薬を使っても、1ヶ月近く治らない。そう、あの北里大学病院だって行ったさあ・・・。でも、たんまりお薬もらっただけで、変わらなかった・・・。

それより、近くの開業医のおじいちゃん先生が、咳の前段階の、喉が痛む状態で診てもらって、何だかヨードチンキのようなものを、なが~い綿棒で腫れてるところにチョチョチョイっと塗ってくれただけで、その後悪化することなく、元気に治ったことが夢のようだったのを覚えています。

もうかれこれ20年以上も前の話。

そんな手当てをしてくださる先生、もういらっしゃらないんでしょうね~。お薬出さないと儲からないんだろうし・・・。その土地は、2~3年で後にしたので、その先生がご健在か否か知る由も無いんだけど・・・。

とにかく、「塩水での鼻洗い」はその先生の手当てに替わる私の咳込み予防策の一つなのです。

もう一つが、貼るカイロでの温熱療法。

背中の肺や気管支に近い所に、小さなカイロを下着やブラウスの上から貼り付けます。場合によっては、前側にも。直接肌に触れないよう、また、熱くないよう気をつけて。

これが、冷えた身体にいいんです!寒い日にもGOOD!

ホントは、使い捨てカイロには別の意味でマイナス要因がありますが、それでも冷えて今にも気管や気管支の方へと症状が進もうとしている時には特に、その温熱が症状の広がりを抑えてくれてます。

この手当てをするようになって、ひどく咳き込むことがなくなりました。ようやく、コントロールの要領を得るようになったということでしょう・・・。

但し、背もたれによっかかる時仰向けに寝るときは絶対に使用しないでくださいね!低温火傷の元。低温やけどは、内臓も炎症を起こしてしまうほど、ひどいものだそうですよ。

小さなお子さんや感覚が鋭さが弱ってきたお年寄りには、カイロは使わず、こんにゃく湿布ドライヤーで温風を当ててあげると良い温熱療法になりますよ!この時も、やってあげる人が、温度によく注意することが大切です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いちごの収穫

Strowberry5 2株のいちごと、10株くらいのワイルドストロベリーから、昨日これだけの収穫がありました。ひときわ小粒なのがワイルドストロベリーの実。これが、甘酸っぱくてなかなかおいしい!

農薬は使っていませんが、やはりやって来るさんたちや大気や雨水の汚れ、このところの黄砂などがあるので、塩水にしばらく漬けておくと、いつの間にか、我が家のあおむしに食べられてしまいました。

そう、このあおむし、以前は喜んで収穫し、喜んで食べていましたが、最近ではお庭の実りにもさほど関心を持たないよう・・・。ちょっぴり残念ですが、そう、それこそさなぎになるサイン!

でもね、小さな頃からそれなりに実りの喜びを味わってきているから、さなぎになっても大丈夫!そんな素敵な思い出をいっぱい持って、さなぎの殻に閉じこもるから。花や木の実、野菜、虫たちと楽しんだ思い出が感性の引出しとなって、殻の中の生活を支えてくれるでしょう。

さて、間もなくいちごはシーズン終了ですが、ワイルドストロベリーは1年中実をつけます。さすが野性の力!? 

猫の額ほどの我が家の庭では、ビワとブルーベリーが実をつけ、熟す時を待っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

5月のちょっぴり辛い風邪の手当て

梅雨のような冷たい雨が降りました。

休日の家族にすっかり家事を任せ、食べることもままならずひたすら寝ていました。

始まりは喉の痛み・・・。あやしいなあと思いつつ、早く手当てすればよかったものの半日放っておいて、ようやく塩水で鼻洗い、鼻の穴から喉の奥にかけて塩水をティースプーンで垂らしこむ。案の定、かなり炎症を起こしているようで、喉の奥あたりでしみる~!!

今度は、塩水を口に入れ、思いっきりのけぞって、そう「イナ・バウアー」とばかりえび反りしてうがい。口の中から、喉の奥を塩水消毒

そんでもって、プロポリスの飴を舐めていたのですが・・・。

あ~、でもちょっと手遅れ・・・。もう、それでは間に合わないくらい炎症は広がっていたみたい・・・。翌日には発熱、起き上がれなくなってダウン。食欲も無く、意識して水分補給しながらもひたすら寝続けた。もうこうなったらプチ断食だあ!!

とにかく、1日半、食べませんでした。いや、食欲もなかった。水分補給に、ミネラルウォーターかポカリスウェットを温めたものを。常温では身体に冷たすぎるのです。冷たいだけで、胃腸はエネルギーを消耗します。だから、弱った時は、体温に近いものを

ようやく食欲が出てきた二日目の夜、いつもは非常食用も兼ねて常備しているレトルトの有機玄米粥が欲しかったのですが、これが丁度品切れ!

我が家の病人食なんだけど・・・。

さっぱりした酢飯が食べたいと、結局、夫に巻き寿司を買って来てもらい、二切ればかり戴きました。

そして、困った時の我が家のドリンク(グロスミン源液ドリンク)

弱った身体を建て直し、細胞レベルの作り変えに働いてくれるそうです。我が家では、アレルギーやら、何だか良く分からない症状で困った時に使っています。夜の急な体調悪化にも使ってます!

様々な難病とも言われる病気治療にも、他の医薬品と合わせて使われますが、取り扱い薬局の薬剤師さんに相談されるといいでしょう。

そうそう、妊娠中のお母さんの赤ちゃんへの栄養面で、とても良い効果があるようです。母乳育児自然育児を目指す方にも、とってもおすすめ!そのことはまた別の機会に!

さて、その間、夫と中学生の我が子で、家事分担。ここで役立つ中学生。小学校でやった調理実習を再びやってもらい、あとは夫のインスタント料理。(インスタントかよ~!?と言いたい気持ちをぐっとこらえ・・・。)洗濯のことに気がつかない夫だが、我が子に頼んで事なきを得て・・・。あ~、この子を産み育てておいてよかったわあ~・・・。(とは、ちょっと大げさ?)でも、核家族にはメンバーに余裕が無いので、ホントに助かった!!

休みが明けてかかりつけの漢方薬局の先生にホットラインで相談し、手持ちの漢方&自然薬で急場をしのぎ、何とか、復活したものの、「気虚血虚だね~。」と。つまり、気の流れも血液の流れも悪く、足りない状態。いやはや・・・。

この季節、五月病とも言える気の乱れ、自律神経のバランスの崩れなどが起きやすく、私自身、過去に何度も寝込むことのあった季節でした。あ~、ちょっと油断してたなあ・・・。

特に、子どもの中学入学で結構神経使って、さらに、周囲でも色んな神経使うことがあったからなあ。。。どうやらその反動が、身体の冷えをきっかけに噴出してきたよう・・・。

でも、そうとわかればもう半分治ったようなもの。そこから一つ一つ、また、自分の気持ちを積み上げていくだけ・・・。そして、気や血液が巡るよう、身体を温め、ほぐして、食事も気をつけていくとします。

みなさんもどうぞ、身体を冷やさないように気をつけて!

そんなわけで、未だ張るカイロにお世話になってる私でした。

Teate ← 手当てに使う逸品たち!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2006

ありさんに食べられちゃった!

丁度食べ頃になったイチゴ、粒は大きくないけれど、実が締まってて甘酸っぱい初夏の味。

Strowberry3 市販のイチゴのような嫌味な味が無い・・・。あの嫌味は、化学肥料なのか、農薬なのか・・・、美味しいんだけど、何だか後味の悪い苦さがあるように思ってます。それに比べて、我が家の採りたてイチゴは、その嫌味が無い。苗で買うまでには、きっと農薬なども使われているんだろうけれど、それ以降は、農薬も化学肥料も使っていないからか・・・?

何はともあれ、今朝も一番赤くなっている実を収穫しようとすると、裏返してびっくり!先客が・・・。Strowberry4

そう、ありんこたちが、既に食べ進めた後・・・。大きな洞窟を掘って、まだ中で食べていたんです。

あ~、やられた~!!

でも、これが自然の摂理。ま、この2個はありさんたちに分けてあげることにして、他の実を戴くとしましょう。

そうは言ってられないのが農家の方たち。虫に商品を食べられると大損害。きれいでおいしく安いものでないと、買ってはもらえませんから。

だけど、ちょっとありさんにも分けてあげて、形もそんなに大きくなくていいから、農薬や化学肥料をたくさん使わなくても良いようにして、その分ちょっとお値段に転嫁した方が、健康の為にも、環境の為にも良いんだろうけど・・・。

ありさんたちもきっと、このあおむしくんようにはらぺこだったんでしょうね!

1歳になる前から親子で大好きだったお薦めの本です。英語を習い始めの中学生には、英語バージョンはいかが?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 07, 2006

ミントな連休最終日!

あいにくの雨も午後には上がったものの、蒸し暑い・・・。まるで梅雨のよう。

そこで、気分転換!

Mints 庭に雑草の如くはびこってきたブラックミントを間引きして、お茶にしていただきました。このミント、あのクールミントガムのような、あま~いミントで、夏は特にこの爽快感たっぷりのお茶がたまらないのです。おまけに、O-157が流行した時に、ミントの殺菌効果が注目されましたよね!

何だか蒸し蒸しした日本の夏に、すっきりさっぱりして、嫌味の無いこのブラックミントは、その香りが脳に効く~!!って感じです。

真夏には、冷たく冷やして飲むと最高ですが、この時期はまだ胃腸を冷やすのは禁物なので、温かいまま戴きます。これがなかなか!

Minttea 作り方は簡単。ミントを一枝折って、よく水洗いし、耐熱のポットやカップに入れて熱湯を注ぎ、2分くらい置いておくと、黄緑色の香り高いミントティーになります!

ふたをすれば、早くできますよ! 初めての方は、早めにミントを取り出し、薄めで試飲してみてからお好みの濃度にしてくださいね~!濃いのがお好きな方は、じっくりめに。

幼稚園くらいのお子さんから大人まで、結構喜んで飲んでます!

この夏、糖分たっぷりのジュースよりすっきり爽やかで甘い香りのブラックミント・ティーはいかがですか?

締めくくりは、ミント湯。ヨモギ湯の前に、この間引きブラックミントをお風呂に浮かべちゃいました。ちょっと量が少なくて、ほのかな香りの漂うバスタイムに!

もう少し伸びてきたら、今度は多めに入れてみよ~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2006

岩国基地の航空ショー

昨日、三十数年ぶりに出かけた岩国基地のフレンドシップ・デー

毎年5月5日の子どもの日に公開、航空ショーが行われるため、全国から大勢の人が集まり、周辺は大渋滞。これまで決して行きたいと思わなかったけれど、英語の授業が始まった我が子に、ちょっぴりアメリカの空気を・・・と思い、意を決して出かけてきました。

車は動かないことを見越して、電車&バスを乗りついで行ったものの、電車もバスも乗る時から混雑・・・。ただ、さすが市営、バスは優先車線をすいすい走っていくので、圧倒的に早い!でもバスを降りてから、入り口の手荷物検査の為に正門で大混雑。門を入るまでに、くたびれモードに。

Airshow3門からも、かなりの距離を歩いて、ようやくメイン会場に。途中、住宅や各種施設、ミニゴルフ場などがありました。いつもは、整備庫へと向かう機体や、訓練の兵士達が行き交っているはずの広い土地に、観光客を乗せてきた全国からの観光バスと、米軍や自衛隊のたくさんの飛行機やヘリコプターがずらりと並んでいました。

Airshow 中には、新たに厚木から岩国へ移転される予定の機体もあったそうです。(地元ニュースで知りました。)パイロットが記念撮影や質問ににこやかに応じていました。

Airshow2

航空ショーは、激しい爆音と共に、滑走路沖を右に左に、上に下に、激しく急旋回したり、旋回しながら上って行ったりして、想像以上!!

カッコイイんだけど、この爆音が夜間に幾度となく繰り返されるのは、近隣の住民の方たちにしてみれば大変な苦痛でしょうね・・・。

何より、戦闘機がこんな爆音を立てながら空を飛ぶ国の親子のことを考えると、ちょっとぞっとしました。これはショーだから、爆弾が落ちてこないって分かってるから、カッコイイなんて見上げていられるけど・・・。

でも、ここに居る兵士さん達は、その為に日夜働いているんだよね・・・。

喧騒と暑さと歩き疲れも加わって、何だか複雑な気持ち。

テントがたくさん出ていて、バーベキューやハンバーガー、ジュース、ピザ、お弁当等の他、基地グッズやTシャツなどなど、マーケットも繁盛していたよう。。。私は、恰幅のいいアメリカのお母さんの手作りカントリーケーキを、店番の陽気なお父さんから買って帰っていただきました。陽気なお父さんも、ケーキを作ったらしきお母さんも、とってもフレンドリーだけど、このお父さんも軍人さんなのかなあ・・・?

ちょっと早めに引き上げて、メインのブルーインパルスは、帰りの道すがら眺めていましたが、最後まで見てきた夫曰く、「人が集まるの、分かる気がする・・・」と、ご満悦のよう。その代わり、門を出るのも大渋滞、バスに乗るのもあきらめて、駅まで歩いたとか・・・。

いや、私はもういいわあ・・・。

門の外では、移転反対の住民の方たちが集まっていらっしゃいました。

きっと、世界遺産の宮島や、原爆ドームのあるヒロシマにも、少なからず影響を与えることでしょう。宮島は、岩国基地との距離が近い。また、原爆を体験したヒロシマの方たちのトラウマの傷口を広げることにならないだろうか・・・とも。

我が子は何を感じただろうか・・・?

感想は、「疲れた・・・。」

うん、母も同感。

また折に触れて、今日見たことや聞いた音を思い出しながら、また何かを考えていってくれるといいなあ・・・。

夏に向け、ヒロシマを学ぶ時期がまたやってくるから・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

イチゴとサクランボの収穫期・・・

子どもたちが大好きなイチゴとサクランボ。赤くて小さくて甘い実は、みんなの大好物!!

Strawberry1_1  我が家のイチゴ、次々に実が赤くなってきましたよ~!

三日前の赤くなった実は、一つ食べたんだけど、その時は青かったものがよく熟れてるのが分かりますよね!!

明日の朝には収穫して、いただくとします!

Cherry ところで、実家のお隣の畑で、サクランボが間もなく収穫の時期を迎えそうでした。2階から写真だけ撮らせて頂きましたが、鳥達からはこんな風に見えてるんですね~。赤く色付いたら、とってもよく分かりますよね。こうしてみると、サクランボの、赤い実を鳥達に見つけてもらって、あちこちに種を蒔いてもらいたいって気持ちがよく分かります。

ちょっと視点を変えて見てみると、色んな発見がありますよね。

季節の恵み、旬のおいしいもの、嬉しいですね!

この時期、小さな子どもたちには、こんな絵本がおすすめ!

先日、乳幼児サークルでこの絵本を読み聞かせしてたら、1歳前の赤ちゃんが絵本からイチゴを取り出そうとしてましたよ!う~ん、その気持ち、よく分かる!! この作者の絵は、本物そっくりで、かつ愛情たっぷりなんです!赤ちゃんから年少さんくらいまでに特にお薦めです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 03, 2006

テニスの競技場で見っけ!

我が子は、硬式テニス部に入部。

今日は、先輩達の競技を見学に競技場へ行くというので、連れて行ってついでに私たち夫婦も見学。出場選手は3年生が殆どらしいけど、かわいらしい試合もあれば、とても中学生とは思えないようなすごい戦いも・・・。なかなか見ごたえがあった!

「来年から、連休はずっとクラブだよ~。」と我が子。1年生は、今日以外は特別に休みなのだとか。そっかあ・・・、やっぱ中学生になると、休日も忙しくなるんだねえ・・・。当然、お弁当だっているのよね~と、思ってしまう母でした。

Tennis ところで、この写真、らしいと思いません!?

そう、ここは、テニス競技場!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いちごの旬は、これから・・・

食料品売り場では、もう、いちごはすっかり減ってしまっていますが、露地栽培のいちごはこれからが本場!

Strowberry

Strowberry_2

我が家のプランターいちごも、ようやく初めて実を赤く染めました!

ちょっと食べるにはもう1日・・・、必要かなあ。

旬のものを食べることは、心と身体の健康に繋がりますね!おまけに、環境にGOOD!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 02, 2006

端午の節句に菖蒲湯

今日の地域ニュースで、天然温泉施設で菖蒲湯を始めたとレポートしていました。みると、菖蒲とヨモギを一緒に束ねて、お風呂に浮かばせているのです。年配男性達が、懐かしがっていらっしゃいました。

元々、菖蒲には厄除けに効果があるとされ、健胃や打ち身にもいいらしい・・。あれ?この効果、よもぎと一緒じゃない・・・?

ま。そんなわけで、広島市近郊のみなさん、疲れた体をちょっぴりこちらで癒してみるのは。。。?一度、行ってみたいです!!

我が家には菖蒲は無いので、ヨモギを摘んでヨモギ湯、子どもの日にチャレンジしてみよっかなあ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

G.Wのお客様は、春の使者?

我が家でのんびりのG.W前半。家族はそれぞれ宿題に追われ(!?)、私はお庭でひなたぼっこしていました。

我が家の狭い庭にも、春の喜びいっぱいのBee1お花がいくつか咲いていて、みつばちたちが訪ねてきてくれてます。

まるで庭木のように大きくなってしまったローズマリーの白い小さな花に、これまた小さなみつばちたちが、ぶんぶん言いながら忙しそうにあっちこっち花かな花へ、5~6匹飛び回っていました。

ローズマリーは、お茶にしたり、固まり肉を茹でこぼす時に一緒に入れて、肉の臭みを落とすのに使います。桜の蜜は桜の花の香りがするといいます。ローズマリー蜜も、きっとおいしいだろうなあ・・・と思いながら、しばしシャッターチャンスを待ちながら眺めていました。

Blueberry ブルーベリーの木にもスズランのような花が咲き、たまにローズマリーから飛び移ったはちがやって来ていますが、やっぱりローズマリーの方が人気です!花の数が多いからかなあ・・・?

この写真、残念ながらピントがバックの外壁に合ってますが、ひそかにみつばちが飛んでるの、分かるかなあ?

梅雨時期に実が大きくなるのが楽しみです!みつばちくん、ありがとう!!

Ladybird足元のよもぎには、てんとう虫が歩き回って・・・。アブラムシがいたら、食べておいてね~!!

そうそう、てんとう虫は、天道虫。天道は太陽の意味。英語ではLadybird、ファーストレディ(マリア様)に仕える虫、古来から幸運を運ぶ虫とされていたんだそうです。我が家にも、おひさまの恵みと幸運を運んでくれたのかな?

お花や虫を見て心を動かす子どもたちは、他のきれいなもの、美しいものにも心を動かすことのできる人になることのできる人・・・。見た目が美しいだけでなく、行いが素晴らしかったり、お話が素晴らしかったり、そんなものにも心を動かされる感性を持ち合わせていると思うのです。そして、その感性を押さえつけることなく、成長してくれるといいなあ・・・と思うのですが。

興味が外の世界へと向かっていくこれからの季節、外へ外へと心も身体も伸びていこうとする幼児期から小学校低学年くらいの子どもたちと、親子で一緒にちょっぴり出かけてみるのもいいですね!団地の中でも、色々楽しめます・・・!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »