« よもぎホットケーキ作り | Main | 端午の節句に菖蒲湯 »

May 01, 2006

G.Wのお客様は、春の使者?

我が家でのんびりのG.W前半。家族はそれぞれ宿題に追われ(!?)、私はお庭でひなたぼっこしていました。

我が家の狭い庭にも、春の喜びいっぱいのBee1お花がいくつか咲いていて、みつばちたちが訪ねてきてくれてます。

まるで庭木のように大きくなってしまったローズマリーの白い小さな花に、これまた小さなみつばちたちが、ぶんぶん言いながら忙しそうにあっちこっち花かな花へ、5~6匹飛び回っていました。

ローズマリーは、お茶にしたり、固まり肉を茹でこぼす時に一緒に入れて、肉の臭みを落とすのに使います。桜の蜜は桜の花の香りがするといいます。ローズマリー蜜も、きっとおいしいだろうなあ・・・と思いながら、しばしシャッターチャンスを待ちながら眺めていました。

Blueberry ブルーベリーの木にもスズランのような花が咲き、たまにローズマリーから飛び移ったはちがやって来ていますが、やっぱりローズマリーの方が人気です!花の数が多いからかなあ・・・?

この写真、残念ながらピントがバックの外壁に合ってますが、ひそかにみつばちが飛んでるの、分かるかなあ?

梅雨時期に実が大きくなるのが楽しみです!みつばちくん、ありがとう!!

Ladybird足元のよもぎには、てんとう虫が歩き回って・・・。アブラムシがいたら、食べておいてね~!!

そうそう、てんとう虫は、天道虫。天道は太陽の意味。英語ではLadybird、ファーストレディ(マリア様)に仕える虫、古来から幸運を運ぶ虫とされていたんだそうです。我が家にも、おひさまの恵みと幸運を運んでくれたのかな?

お花や虫を見て心を動かす子どもたちは、他のきれいなもの、美しいものにも心を動かすことのできる人になることのできる人・・・。見た目が美しいだけでなく、行いが素晴らしかったり、お話が素晴らしかったり、そんなものにも心を動かされる感性を持ち合わせていると思うのです。そして、その感性を押さえつけることなく、成長してくれるといいなあ・・・と思うのですが。

興味が外の世界へと向かっていくこれからの季節、外へ外へと心も身体も伸びていこうとする幼児期から小学校低学年くらいの子どもたちと、親子で一緒にちょっぴり出かけてみるのもいいですね!団地の中でも、色々楽しめます・・・!!

|

« よもぎホットケーキ作り | Main | 端午の節句に菖蒲湯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/9837086

Listed below are links to weblogs that reference G.Wのお客様は、春の使者?:

« よもぎホットケーキ作り | Main | 端午の節句に菖蒲湯 »