« 旧山陽道の吉田松陰記念碑 | Main | 中学校の入学式 »

April 07, 2006

誕生記念の桜 我が子の成長と共に

我が子の誕生を記念して植えられた桜が、12年経って立派な若木となり、毎年見事に花開くようになりました。

Sakura_1 今年は、おじいちゃんがぼんぼりをつけ、ライトアップ。近所の方たちが眺めに立ち止まってくださっているそうです。

夜桜見物にはさすがに寒いので、今日、晴れている間に花見をしてきました。(さすがに飲んだり食べたりはしませんでしたが・・・。)昼間は、電線やぼんぼりがちょっぴり興ざめの感がありますね~。

木の生長と共に、孫の成長を喜んでくれる両親の気持ちは、有難い限りです。それも、進級・進学のタイミングできれいに花開く桜だというのが、また心に染みますね・・・。

桜の寿命は約60年とか。それならば、我が子が結婚して家を建てる時に、何かに使ったらいいなあ~・・なんて言うと、曲がって育ってるから無理と一蹴されてしまいました・・・。いい考えだと思ったんだけどなあ・・・。柱には無理でも、記念になるよう遺せたらいいんだけど・・・。

山を持っている方は、子どもや孫が将来家を建てる時に使えるようにと、ヒノキなどを植えていたと聞いたことがあります。今はどうなんだろう・・・。

子どもが生まれた当時、ひょろひょろの桜の苗木を見て、恥ずかしながらあまり関心の無かった私ですが、こうして実際にすくすく育った木を見て、そんな祝い方もいいもんだなあ・・・としみじみ感じています。

|

« 旧山陽道の吉田松陰記念碑 | Main | 中学校の入学式 »

Comments

 mamma様、こんにちは。ご無沙汰しております。
 写真の桜、ほのかな桃色が青空に映えてとても美しい風景ですね。心が癒されます(^^)。
 北海道では桜は連休明けに咲く予報が出ているので、桜が待ち遠しいです。

 私が中学生の時、国語の文章で「桜の木の皮をはいで染め物をすると、得も言われぬ美しい桜色になる」とありました。
 桜の秘めたる美しさはいろいろなところにこめられているものだと感じました。

 自分とともに生長する木、それを植えてくれる家族・・・、ちょっぴりうらやましいです。

 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | April 08, 2006 at 06:34 PM

中見盛さん、こんばんは!コメント有難うございます。
広島は、ようやく満開!今日は、平和公園をはじめ、あちこちで花見が繰り広げられていました。
そちらでは、ゴールデンウィークですか・・・。日本も長い国ですね!
桜の皮とは、草木染めのことですね。私は、草や台所用品でしか染物をしたことがありませんが、桜や梅の枝が手に入れば、チャレンジしてみたいなあと思っています。
そういえば、我が子がお世話になった幼稚園では、バスでの園児送迎時に、桜並木の伐採などしているところをチェックして、そんなところを見つけたら、後で伐採後の枝などもらいに行って、積み木や遊具にしていたそうです。孫のおもちゃにもいいかもしれませんね。(笑)
ただ、桜は切った跡から菌が入って枯れてしまうことも多いそうなので、切った跡の消毒を忘れないようにしなくっちゃ!

Posted by: mamma | April 08, 2006 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/9478431

Listed below are links to weblogs that reference 誕生記念の桜 我が子の成長と共に:

« 旧山陽道の吉田松陰記念碑 | Main | 中学校の入学式 »