« 黄砂で喉が・・・我が家の手当て | Main | 高校生だって、「抱っこ」! »

April 23, 2006

抱っこ

抱きぐせが心配・・・。そんなお母さんのお話を聞くことがよくあります。

お子さんは、まだ数ヶ月の赤ちゃん。そういえば、保健士さんやおばあちゃんたちが、そんなことを私にも言ってたなあ・・・。

「だっこ」は、お金も道具も使わずにできる、とっても大切な、一番最初の心の教育・・・。

赤ちゃんの時、抱きぐせがつくくらい、いっぱい抱っこしてもらった子は、その分、安心して自分で色んなことをするようになり、やがて、順調に親から離れていけるように思います。

抱っこしてもらって、守られている安心感、愛されている満足感、受け入れてもらっているという自己肯定感、子どもの心の土台がこの抱っこで作られると思うのです。

私がこのことに気がついたのは、小児科医で幼児教育の専門家 平井信義先生の著作から。

「心の基地」はおかあさん

「抱っこ」、できる時に、遠慮なくしておいてあげましょ~!

|

« 黄砂で喉が・・・我が家の手当て | Main | 高校生だって、「抱っこ」! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/9719266

Listed below are links to weblogs that reference 抱っこ:

« 黄砂で喉が・・・我が家の手当て | Main | 高校生だって、「抱っこ」! »