« March 2006 | Main | May 2006 »

April 29, 2006

よもぎホットケーキ作り

昨日摘み取って茹でておいたよもぎは、今朝、みじん切りにしてホットケーキに変身!

小さく切ったりんごとレーズンを入れちょっぴりフルーティーなよもぎホットケーキとなりました。ホントはナッツも入れたかったんだけど・・・。

YomogipancakeYomogipancake2_1 形も整えればよかったんだけどね~・・・。

よもぎもあまり沢山入れすぎると苦味が強くなるので、初めは少なめで試すのが安全です。子どもたちは、大人より味覚が敏感だから。

明日は、お団子にしよっかな・・・?

今日はみどりの日みどりのもの食べて、体内の毒素を外へ出しましょうね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

よもぎの楽しみ方

中国では「邪気を払う」とされていて、古来より、健康・長寿のために食べたり飲んだり、もぐさにしてお灸にしたりと、様々な使い方をされていたようです。

我が家は、こんな風によもぎを楽しんでいます。

食べる

 お団子・ホットケーキ(その他クッキーやパンにおすすめ!)

 天ぷらで!(柔らかい葉をきれいに洗って、さっと揚げます。)

軽い傷の手当て

 外遊びの時に軽い怪我をして血が出てきたら、葉を揉んで出てきた汁が傷に当たるように傷口に当てます。(止血効果があるので・・・)

 但し、重症の時は、そんなこと言ってられませんよね!

入浴剤

 若芽は食べますが、そうでない硬くなった葉や茎は、洗って干しておき、ネットに入れて入浴剤代わり。葉を浮かべるのが嫌な時は、予めぐつぐつ煎じておいたその汁をお風呂に入れます。温まりますよ!私は香も好きなので、GOODです!ただ、よもぎ餅が食べたくなるのが困りもの・・・。

親子でよもぎ摘みやお料理などなど、幼児期から小学生まで楽しめますよ!

一番子どもたちに喜ばれるのは、やっぱり、よもぎホットケーキとよもぎ団子かな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 28, 2006

よもぎの新芽で何作ろう~?

今年もよもぎの新芽が随分伸びて来た。これ以上伸びると、硬くなるかなあ・・・と思い、お天気の良い今日のうちに摘み取って、重曹を入れたお湯で茹でておきました。

Yomogi

さて、我が子が休みの明日、何かおやつにでも使おうかなあ・・・と思ってますが、ゴールデンウィーク、宿題がいっぱい!という中学1年生、果たしておやつ作りをする余裕があるやいなや・・・?

候補は、よもぎ白玉団子、もしくはよもぎホットケーキ・・・。ホットケーキの作り方は、こちら。

ホットケーキ生地に入れるというのは、我が子が通った幼稚園で、年少さんから毎年のように、お散歩でつんできたよもぎで、教室でホットケーキを作ったことから我が家でも始まったもの。だから、幼稚園のお子さんでも一緒に作ることができる春のおいしい体験です!但し、火傷に気をつけて!!

クッキーやパンの生地に入れるのもいいですね!・・・でも、私はなかなかそこまで時間のかかるものをしないのですが・・・。

明日、家族で相談して決めることにしましょう!

みなさん、ゴールデンウィークに家族でいかがですか・・・?

・・・よもぎ、この時期のために数年前に実家の畑から移植したものです。・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 26, 2006

瀬戸内なのに北に海がある・・・

広島市の瀬戸内海に面しているこの町だけど、実はその海が北方向に・・・。

この団地は、その北の海に面して広がる斜面にあって、南側には高い山、その山に、この度大きなデジタル放送用のテレビ塔が建ったのです。

丁度、広島湾の中で、くるんと弧を描いた所にあるというわけだけれど、この地に住んで早6年、未だに方角の感覚がわからなくなってしまう・・・。順応性の衰えか・・・。

その北方向に、海を臨み、その向こう側に市街地と中国山地方向の山々が見えますが、このところの黄砂現象で、まったく霞んで(というより煙って・・・というイメージ)よく見えません。晴れてるのになあ・・・。Kousa

| | Comments (2) | TrackBack (0)

黄砂によるアレルギー悪化?

今年の黄砂は、花粉症ではない私でも、今週月曜日は、日中マスクをして外出。我が子も、体育の時に苦しかったと言ってました。

ましてや、元々アレルギーを持っている人には、やはり影響も大きいのか、今週は3人かのお母さんから、アレルギー症状の相談を受けました。

内二人がお子さんのアトピーによるもので、一人は、毎年この時期に目の周りに出ていたアトピーに、皮膚科で出してもらったステロイド剤を塗っていると聞いてびっくり。

ステロイド剤の多用で、白内障になったという若いお父さんの話を先日聞いたばかりだったから・・・。

あわてて我が家のかかりつけ薬剤師の先輩ママさんに合わせて、診ていただきました。

やはり、皮膚科で処方されたそのステロイド剤は、基材が目に入ったら害のあるものを使ったお薬のようで、それよりもずっと前に、眼科で処方されたステロイド剤のほうがまだましだ・・・とのことでした。

まだ小学生のうちから白内障になったら大変!

また、ステロイド剤は、たちまちの症状は抑えても、根本的に治るものではないので、まだ小さくて軽いうちに、アレルギーの根っこを断ち切っていけるように、治療しましょう。。。と、自然薬での治療を始めることになりました。

これまでも、アトピーでこの先生に何人かの方を紹介しましたが、症状によっては、2~3年かかりますが、多くの方の症状の治癒・軽減に成功された実績を聞いていますので、まだ幼くて症状も軽いこの子は、多分大丈夫だろうと、ホッとしました。

その場で塗ったオイルは、そこで話を聞いているうちに、みるみる赤味を帯びて血行が良くなっているのが見てとれ、そっとふき取ったときには、カサカサ程度だったところは、もうきれいになっていたんです!(お連れした私も、ちょっと驚き・・・。)

外からと内からと、手当てをしてあげることになりました。

アトピーは、3の倍数の年が要注意!ちょうど、精神的にも成長を見せる年頃でもあり、環境や内面の変化によるストレスも受けやすい時期でもありますね。その子も9歳でした。

3,6,9,12,15,18・・・と、年齢が高くなるほど、治りにくくなるということです。でも、治らないということではないです。どうか、見た目のきれいさではなく、お子さんの免疫力、体質完全などを図って、お早めに対処してあげてくださいね!

アトピー症状の出る方には、まず、お肉とお砂糖をやめると、症状が和らぐそうです。

どうしてもお肉を食べたい時は、牛肉を避け、豚肉を湯通しして脂を抜いてから使ったりグルテンミートという小麦たんぱくをはじめとした植物性たんぱく質でできた肉の代用品を使うのもGOOD!お友達と食べるお弁当などに重宝します。お豆腐をステーキのようにしてもいいですね。

穀物で作った畑の肉(ブロックタイプ) 穀物で作った畑の肉(ブロックタイプ)

穀物で作った畑の肉(ひき肉タイプ)穀物で作った畑の肉(ひき肉タイプ)

油の酸化したものも食べない方がいいでしょう!

ポテトチップスのようなスナック菓子は禁物!弁当に揚げ物を入れたりするのも、天ぷら油が酸化しますので要注意です。

お砂糖の場合は、煮物などの調理にはみりんで代用すると随分使う砂糖の量を減らせます。どうしてもスイーツが欲しい時は、精白された白砂糖ではなく、ミネラル分の残ったお砂糖をちょっぴり使うといいでしょう。我が家で普段使っているのは、黒砂糖・洗双糖・はちみつ・メイプルシロップ

喜界島黒糖 (粉)洗双糖百花蜜 600gオーガニックメープルシロップ(小)

いずれにしても、突然全く止めてしまうのはストレスの元、お誕生日や、お友達にもらったお菓子など、たまに特別な日があるといいですよね。ただ、かゆくならないためにはどうしたらいいかを、まず、子どもに納得してもらいましょうね。

花粉に続いてのこの黄砂現象、強くなる紫外線、そして肝の弱りから来る肌トラブルの多いこの時期。表面に見えているものだけでなく、心や体内にもある要因をも見ながら、対処してあげましょう・・・!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

学校給食費を払わないの!?

驚いた!! 払えないんじゃなくて、払いたくない親がたくさんいることを・・・。

今朝のニュースの後、そのままつけていた日テレの番組で、そんな内容を放映していた。

仙台では、約8万人に対して約1,300人分の給食費が未納、

他の自治体でも同じような状況だとか・・・。

この、払いたくないという方たちは、決して払えないような状況ではなく、何台も携帯電話を持っていたり、いい車に乗っていたり・・・。

お陰で、食材購入に支障が出てきて、

ハンバーグが小さくなったり、

デザートが安い材料になったり、

年度末近くなると、小魚や豆などの安価な食材でたんぱく質を賄うような状況だとか・・・。

そんな実態があるなんて・・・。

当然、先生としては、子どもたちには罪は無いので、払わないお家の子どもたちにも同じように接して、一緒に給食を食べる・・・。払ってないなんてことがわかったら、それこそいじめの対象になったりすることも考えられますものね・・・。

先生が、給食費未納の連絡をすれど、まったくおかまいなし。

でも、これ、学校給食法違反

給食の為の設備や運営については、学校設置者の負担、給食そのものの経費については、保護者の負担と明記されています。(但し、生活保護対象の場合は、国により補助。)

一体、どうなってるんでしょう?

一食約200円の給食費。1ヶ月4~5,000円になりますが、その未納者の食材分を、ちゃんと収めている子どもたちみんなの給食費で負担しているということなのです。我が子の学校では、どうだったんだろう・・・?

このニュースを知って、そんなばかを見るなら自分も払わないって人が増えたら、ホントに世の中、学力低下以前に深刻な問題が根っこにあるってことですね~。

一方で、給食費は徴収しません・・・という自治体も。

町が高齢化社会となったため、少しでも子どもを産む気になりやすい環境や、若い世帯が転入して来たいと思う環境をとの願いを込めた措置らしい・・・。

さて、この問題、どう思いますか・・・?

いずれにしても、決められた給食費を払わないで育った子どもたちが、将来、どんな大人になるのか・・・と考えてしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

高校生だって、「抱っこ」!

「抱っこ」は心の安定剤!

そう考えている私は、小さなお子さんのお母さん達に、

 「抱き癖なんか気にしなくっても大丈夫!」

と声をかけているのですが、先日、高校生のお母さんから、

こんな相談を受けました。

 「最近、うちの子が『抱っこ』してって言うの。

 『抱っこ』してあげてはいるんだけど、

 もう高校生なのに、いいのかなあ~?」

えっ!?と思われる方も多いかもしれません。

でもね、高校生だって、大人だって、

誰かのぬくもりを感じたいってこと、あっておかしくないよね。

ぎゅっとお母さんに「抱っこ」してもらって、

栄養補給、精神安定を図りたい時って、

この時代、あってもおかしくない・・・と思うんです。

だから、

 「『抱っこ』を望んでるんだったら、いっぱいしてあげたらいいよ~!!

 それで落ち着いたら、また、○○ちゃんだってがんばれるんだから・・・。」

そう、この時代、子どもたちの世界は、私たちの想像以上に

厳しい現実があふれています。

私たちの子ども時代、命の危険、身の危険を感じるような現実は、身近にはなかった・・・。

今や、小学生でさえ、命の危険と隣り合わせだと教育する時代・・・。そんな子どもの世界を生きている子どもたちは、中学生も高校生も、

やっぱり、心の安定剤としての「抱っこ」

奨励してもいいんじゃない?

 「お母さんに心の安定剤を望めないなら、

 他の男の子なんかに求めたら、困るよ~。」

冗談半分、本気半分。

高校生で「抱っこ」を望むのは、やっぱり、精神的なSOS。

「抱っこ」をはじめとしたスキンシップで心の栄養補給をしながら、

子どもたちの絡まった心の糸を、ほぐしてあげる方法を探していくのが良いかも・・・。

「思春期うつ」の症状を訴える中高生も少なくないようです。

特に年度変わりのこの時期、

ちょっぴり注意して見ておいてあげましょうね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

抱っこ

抱きぐせが心配・・・。そんなお母さんのお話を聞くことがよくあります。

お子さんは、まだ数ヶ月の赤ちゃん。そういえば、保健士さんやおばあちゃんたちが、そんなことを私にも言ってたなあ・・・。

「だっこ」は、お金も道具も使わずにできる、とっても大切な、一番最初の心の教育・・・。

赤ちゃんの時、抱きぐせがつくくらい、いっぱい抱っこしてもらった子は、その分、安心して自分で色んなことをするようになり、やがて、順調に親から離れていけるように思います。

抱っこしてもらって、守られている安心感、愛されている満足感、受け入れてもらっているという自己肯定感、子どもの心の土台がこの抱っこで作られると思うのです。

私がこのことに気がついたのは、小児科医で幼児教育の専門家 平井信義先生の著作から。

「心の基地」はおかあさん

「抱っこ」、できる時に、遠慮なくしておいてあげましょ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

黄砂で喉が・・・我が家の手当て

雪やひょうが降れば、風速30mの強風のところも・・・。荒れた1日でしたね。

ここ広島も、強風が吹きました。ちょっと出かけただけでも、鼻の奥と喉がざらついて、手洗い・うがいをよくしたつもりでも、まだ喉の痛みを感じています。しまった!マスクを使えばよかった!! 鼻もちょっぴりムズムズ・・・。

こんな時は、喉や鼻で炎症を起こして、それが風邪を誘発することがあるので要注意!急いで、ケアをしました。

まずは、塩水をティースプーンに入れ、上を向いて鼻の中にたらします。この時、絶対に鼻で吸わないこと!一緒に空気を吸ってしまい、痛くなります。息を止めて、ただ、たらし込むと痛くないんです。以外にも。口の中に垂れてきたら、それを吐き出して終わり。反対の穴からも、同じように・・・。

これは、風邪の引き始めに鼻が痛いとか、鼻水が詰まった時に我が家でする手当てなのですが、子どもにもOK!ただ落ち着かせて、塩水を吸わないでじっとしていることができたらよいのですが・・・。風邪の時は、詰まっている側だけやります。

これをすると、喉の奥、うがいでは届かないようなところも、塩水で洗い流してくれるので、炎症を起こしている部分に直接、殺菌力のある塩水を流すことは、かなり有効な手当てです。(経験上)

Nodoame_1また、プロポリスの飴やトローチも、喉の殺菌に効果をあげています。

軽い喉の痛みには飴、ちょっとひどい時には、トローチタイプ!プロポリス含有量が違うようで、喉によりきいてる感じです。

風邪でなくても、埃っぽい場所、例えば人ごみの中、大型ショッピング店、衣類を扱うお店なども、埃っぽくて乾燥していたりするので、私はすぐ喉をいためるのですが、あ、乾いてきた・・とか、あ、ちょっと痛みが・・・と思った時点で、すぐにこの飴を舐めることで、喉の炎症を予防します。

甘味が少なく、プロポリスの殺菌効果があり、すっとするのがいいのですが、子どもにはちょっとその匂いが不評です。でも、小さなお子さんの軽い風邪の症状などには、舐められるならこの飴で効果がですこともあるそうですよ!

私は、一度喉をいためると、咳がひどくなり、なかなか治らなかったのですが、この手当てでここ数年、ひどい咳に悩まされることがなくて済んでいます。

但し、取りすぎるとおなかがゆるくなることもあるらしく、大人で1日に4~5個を限度にした方が良いそうです。私は今のところないのですが・・・。子どもには、1回か2回にしています。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

April 19, 2006

黄砂と一緒にやってくるもの

関東でも黄砂が観測されたそうですね。

ここ広島は、ぼやあんと町がかすんでしまいます。時に空気が吸い込みにくくなるような、そんな感覚がする時があります。

屋外に置いてある自動車やベランダの手すりなどは、黄砂でうっすらと覆われてしまいます。洗濯物は見えないけれど、きっと影響を受けているでしょうから、取り組む時に強めにはたいてよく振ります。

十数年広島を離れていましたから、黄砂の存在なんて忘れていましたが、戻ってきて早々に、実感したのがこの黄砂現象。まず車を見て実感しました。

けれど、以前からこんなにひどかったかなあ・・・。年々、量が増えてるんじゃない?

気象庁のホームページに、大気中に黄砂が含まれている地域を算出し表した地図があります。それによると、やはり、アフリカから東南アジアにかけてと中国の、大きな砂漠を中心にして、広範囲にわたって黄砂が舞っていることがわかります。(参考:気象庁 異常気象レポート2005

また、同ページ内では、黄砂によって温暖化への影響が、差し引き若干マイナスになっているとされ、また、海洋に降り注いだ黄砂に付着した鉄分をはじめ必須微量元素により、栄養の供給源ともなっているとされています。

けれど、一方で、黄砂と共に、回虫の卵やウィルスなども飛来してくる可能性もあるので、注意した方が良いとする専門家もいらっしゃるようです。

丁度風邪も流行ってるし、ここは、手洗い・うがいをちゃんとしておくのが良いかも・・・。

目や鼻に違和感を感じる場合は、こちらも洗浄するなり、念の為、医師に診ていただいては・・・?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2006

桜も子どもも、花から新緑への過渡期に・・・

晴れやかな桜の花の時期が過ぎ、風に舞うピンクの花びら。そして、新緑が芽を出してきて、だんだんとその姿を変えていきます。

Sakura3

それは、新入園・入学や進級で迎えた、新しい生活への希望や期待に膨らんだ晴やかな気分から、現実に始まり、助走を始めたこの時期の子どもたちの気分を表しているかのようです。

(これは、実家の桜)

おめでたい気分半分、現実としてこなしていく勉強や生活面での課題に引き締まる気分が半分。

やがて、これから伸びていく新芽の、活気あふれる眩しいばかりの新緑の季節に向けて、子どもたちが順調に進んでいけるよう、サポートしていきたいものです。

そのためには、まず、寒暖の差の激しい季節の体調管理!身体を冷やさないよう、また冷たいものを食べることによる体内からの冷えにも気をつけてあげましょうね!

小学校高学年の女の子になると、新しいお友達関係を作るこの時期に休みが続くと、その後に響くということもあるようです。男の子はそうでもないようですが・・・。

春は「肝」が弱る時期とも言われています。緑のお野菜などを積極的にとって、免疫UPに繋げてあげるといいそうです!

「気」の乱れも起こりやすく、新しい生活への不安やイライラなども起こりやすいでしょうが、お家の方がその不安を受け入れてあげて、じっくり話にただ耳を傾けてあげるのも、不安解消に役立つことでしょう。輪をかけてイライラしないように気をつけてあげてくださいね!(気をつけてないと、私もやりがちなんだけど・・・。)とにかく、夏休みまでは、新しい環境に慣れてくれればそれでいいくらいの気持ちでいるのが、一番いいのかも・・・。

不安感からおなかの痛みを訴えたり、学校へ行きたくない気分の子などに、「小建中湯」がおすすめ!お近くの漢方薬局等で相談されて見るといいですよ。ほんとに、気持ちの持ち様から、おなか、痛くなるんだから・・・。小学生から、高校生くらいまで・・・、神経質なお子さんには、よく効いているようですよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

春の恵みを天ぷらに!

春の恵みが、わが家の狭い庭に顔を出し始めました!

Yukinosita_1

これは、実家から移植した「ユキノシタ」。

痛みに良いそうで、中耳炎や神経痛・打撲の痛みに貼ったり、食べると胃腸にもよいとか・・・。他にも、虫歯や火傷、ひきつけなどの手当てに使うそうです。(「家庭でできる自然療法」東城百合子著 より)

そういえば、子どもの頃中耳炎になった時に、親にこれを貼ってもらったような・・・。

本当は、もっと日陰で湿気があるところが良いのですが、ちょっぴり乾燥気味ですね!

でも、天ぷらで戴きました。効能はともかく、春の山野草の天ぷらは大好きで、お手軽わが家のユキノシタの天ぷら。野山の食べられる植物を、親子で楽しむ良い季節です!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お膳にサワガニ・・・!?

法事の後のお膳に、真っ赤なサワガニがいた!

Clab_1

勿論、火が通って赤くなっているんだけど、この甲羅の模様、子どもの頃に川でよく捕まえて遊んでいたなあ・・・。

かりっとしておいしそう・・・、カルシウムもいっぱいだろうし・・・。

でも、た、食べられないよ~!!

我が家は誰も、口にしていなかった。

余った料理は、持って帰るよう言われて持ち帰ったものの・・・、

食べられない・・・。

我が子も幼稚園の裏山に上る手前の小川で、よく水遊びしながらカニを捕っていたので、きっと色々想像を巡らせたに違いない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2006

最近、頭痛がひどくて・・・

「PHSからケータイに替えて2年。どうも電話してると頭痛がするし、その後で代わってた○男が、どうも電話で話した後の様子が、いつもよりイライラしているような気がしてしかたがないんだあ・・・。」

「イギリスでは、子どもにケータイを持たせないよう、法律で決まってるって言うし・・・。」

今日の法事の席で、久しぶりに会った親戚が、そう話し掛けてきました。我が子が中学生になったので、ケータイを持たせるなら気をつけた方がいいと忠告してくれたんです。

偶然の一致!

彼女もそんな様子から、ネット上で色々調べたんだそうで、現在、夫婦でPHSへの買い替えを検討中だとか。

同じ意識を持つお母さんが増えてくれることは、とてもうれしく、有難いことです!!

それにしても、身近にそんな症状を持つ人がいるとは・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2006

いちごジャムを作ったその後で・・・

Ichigomilk_1  昨日、いちごジャムを作って、すぐに売り切れてしまったことを書きましたが、その後片付けの時に、周囲にべっとりとその残骸がへばりついているお鍋を発見!

こ、これを流すのは、もったいない!

かといって、こさぎとるのも面倒・・・。

そんなわけで、牛乳を冷蔵庫から取り出し、コップ一杯分くらいお鍋に入れてちょっぴりぐつぐつしました。そう、いちごミルクの完成です!

ちょっと牛乳を入れすぎちゃったかなあ・・・?

生のいちごを使って作るより、おいしいと私は思うんだけど・・・。

いちごミルク作りと、お鍋洗い。

一石二鳥のドリンク作りでした・・・・。

~♪~ ちなみに、牛乳はモー毒と知りながら、我が家では、家族3人で一週間に1リットルの牛乳を飲みます。その殆どが、私のコーヒータイムへの需要なのですが。

但し、産地限定、低温殺菌の牛乳を選びます。我が家は、島根県の木次乳業の低温殺菌牛乳。飼料や製法にもこだわり、かの「通販生活」では、アイスクリームの「マリアージュ」が取り上げられています。

良い牛乳を、ちょっぴり戴くのが我が家流!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

肩こり中学生に・・・

重いカバン、体重計で量ると総重量8Kg。それも、帰宅時だから弁当の重さは含まれてない。

いよいよ始まった中学校生活で、重いカバンと時間のロスが多い乗り継ぎに閉口している我が子。

「肩こりの薬、無い?」

我が家では、肩こりは私の専売特許(!?)。我が子は、もみ方専門だったんだけど、今日は逆転。

そっとツボを押すと、「あ~、気持ちいい!!」

それでも、「薬はない!?」と聞いてくる・・・。

そりゃあね、○○ナミンだの、色々あるけど、まずは血行を良くすることでしょう・・・。

そこで、取り出した「板こんにゃく」

ぐつぐつと沸騰したお湯で10分くらい煮て、折ったバスタオルに火傷しないよう取り出します。触っても熱くない程度まで、バスタオルで何層にもくるんで、肩や首筋に当ててあげると、ほわあ~んとよい気持ち!背筋にも腰にもGOODですよ!内臓辺りにも当ててあげると、冷えていた内臓が蘇るような感じ。・・・それだけ、私は冷え性ってことなんですが・・・。

Konnyakushippu

子どもは私たち大人より敏感ですから、よく熱さを確認しながら当ててあげましょうね!

このこんにゃく、冷蔵庫に保管して何度も使いますが、やがてスカスカになってしまいまうので、最後は食べずに捨ててしまうのが心苦しいのですが、これも治療のため・・・。こんにゃくさん、許して~!!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

いちごジャム、作りませんか?

手作りのあまずっぱ~い無添加苺ジャムは、3時のおやつにぴったり!

Ichigojam 規格外のいちごが、安く店頭に並びます。ちょっと小粒がおいしくておすすめ!

1パック、298円でゲットしたこの小粒いちごを、塩水で洗って水を切り、お鍋に入れて弱火でコトコト。水分が出てきたら、お好み量のお砂糖を入れ、煮詰めたら出来上がり。我が家は、洗双糖というミネラルを含んだブラウンシュガーを使います。はちみつでもOK。白砂糖は、甘味がきついので、私はあまり好きではありませんが、市販のジャムは殆ど白砂糖ですよね・・・。だから、この時期のいちごジャム作りは、辞められません。(笑)

Ichigojam1 1パック分が、小鍋にいっぱいだった苺が、煮詰まって小びん1杯分くらいに・・・。あま~い匂いにつられて集まってくるファミリーに、あっという間に食パンとプレーンヨーグルトに乗せられて、お口の中に・・・。

苺を洗ってヘタを取るのが手間がかかりますが、煮詰まっていく間のあま~い体験、親子でいかがですか? 煮詰めすぎて焦がさないように気をつけて!

♪ 苺を塩水でちょっぴりつけて洗うのは、表面を洗い流すと共に、ちょっぴり殺菌効果も狙ってるんですが、おいしさも増すように感じるので・・・。果物や野菜を生で食べる時は、塩をちょっぴり入れて、漬け置き洗いをできるだけするようにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2006

歴史へのいざない・・・小学6年生向け

小学校6年生では、日本の歴史を習い始めますね。

縄文時代→弥生時代→・・・と進んでいきます。この歴史を楽しく学べるように、家庭や地域でバックアップするのはいかがでしょう?

例えば、縄文時代に主食だったとされる「ドングリ」を、クッキー生地に混ぜ込んで

ホントは、縄文時代の人たちは、ドングリを粉にしてパンのようにして焼いて食べていたようですが、粉にするのはなかなか難しい。そこで、ドングリをピーナッツのように炒って砕いて、クッキーの中に入れて食べる!ドングリを食べるというだけでも、ぐっと歴史が身近になります。(ドングリにもいろんな種類があって、あく抜きが必要なものと、そうでないものとあるんですよ!)

私の知っている方は、里山活動の中で、カヤや小枝、コスモスの枯れた株などを使って、竪穴住居を子どもたちと作りました。私もちょっぴり手伝いましたが、結構大変!でも、子どもたちの秘密基地と化してましたよ!・・・これは男性の協力が必要でしょうね・・・。

自然食に親しんでいる人たちには、わりとポピュラーな古代米。赤米と黒米があり、どちらも稲の原種に近いといわれ、とても生命力が強く、やせた土地でも生育し、今の稲作のように、農薬や化学肥料を必要としないのだとか。昔は中国の皇帝が食すものだったとも。元々赤飯とは、この赤米で、小豆はその代用品として広まったのだそうです。我が家では、そんな古代米の生命力を分けてもらうべく、時々食卓に上ります。

広島市文化財団文化財課では、古代を体験する様々なイベントを実施されていて、そちらに参加したこともあります。鹿の角で作った釣り針や、黒曜石のナイフ、ドングリの粉引き、土器作りなどなど、とても楽しめますよ!

詳しくは、「資料室」のページに、色んな古代体験の内容が紹介されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイと電磁波の危険

電磁波の危険について、今日、ナチュラル志向の友人とおしゃべりしてきました。彼女にも今年中学生のお子さんがいて、周囲のお子さん達が次々とケータイを購入してもらっているらしい・・・ということから、以前に書いた「ケータイで脳しゅよう」の本を紹介したところ、彼女もかなり同じ危惧をしていたことから、盛り上がりました。

彼女は、キッチンで、小さなラジオを聞いています。そのラジオには、小さなアンテナがついていて、それで電波をキャッチしています。でも、周囲の電化製品の影響をとても強く受け、ノイズで聞こえなくなると言います。

早速、その場で実験。一番ノイズがひどいのが、やはり使用中の「電子レンジ」。電子レンジが出す電磁波が、ラジオの電波より強く、受信を妨害しているわけです。ま、これは予想通り。

驚いたのが、保温中の炊飯器。ただ保温しているだけなのに、近づけるとラジオの音が聞こえなくなる。保温調理器も然り。

ケータイの着信時なども凄いだろうね~。備え付けの電磁調理器なんて、どんなことになるんだろう!?

妊娠中のお母さんが、調理の度にこの電磁調理器を使ってると、おなかの赤ちゃんの頭がちょうどまん前になり、赤ちゃんへの影響はいかばかりだろう・・・と。

今、新築の住宅やマンションなどでオール電化が流行っていて、電磁調理器がもてはやされていて、小さなお子さんのいる家庭や新婚家庭で、この電磁調理器を使うことが増えてきた時に、一番良く使う女性の健康への影響、胎児や小さなお子さんへの影響を考えてしまいます。

また、最近新しく家庭をもたれたという方は、家に固定電話を設置せず、携帯電話のみで済ませてしまうケースが多くありますね。勿論、そのほうが合理的なのですが、頻度や使用時間を考えると、やはり、通話時間が長い場合や小さな子どもたちが使う場合は、固定電話を使う方が安全なのかも

特に、赤ちゃんや小さな子どもたちは、脳の基本的な機能を作っている時期。そこに強い電磁波を当てることは、避けたいものですね。

アンテナ付きのラジオで、電化製品の出す電磁波を、あなたも探してみませんか?

関連の日記

 ケータイで脳腫瘍

 電磁波から身を守るために

 電磁波の危険を提唱する本

 危険を知って、上手に付き合おう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 11, 2006

警報発令時の対応は・・・?

今朝、広島市の沿岸部には、大雨・洪水警報が発令されていました。雨はザアザア、風も時折突風が吹いていて、台風並みだなあ・・・と感じていました。

7時の時点でも警報は解除されず、地元中学生は姿が少なく、自宅に戻っている生徒も見かけました。小学生は当然休校だろうと思ったら、だんだん姿が増えてきて、要所に先生が立ってらっしゃる・・・。登校するんだア・・・。在校生のお母さんによると、連絡網で登校するよう指示があったとか。

この判断は難しいところですね・・・。実際、休校にすると、その授業時数を取り戻すのがとても大変・・・。でも、今日の風はちょっと強かったので、子どもだけの登校は怖いように感じたけれど・・・。

学校に「ゆとり」がない証拠・・・!?と、小学生達の列を眺めていました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2006

中学校の入学式

満開の桜の祝福を受けながら、遅ればせながら、我が子の中学校入学式を迎えました。

<校内の原爆死没者慰霊碑と桜>

Nyuugakusiki 自分の意志で選んだ私立中学の道、ご縁が合っての入学でしたが、私たち夫婦とも何の迷いも無く地元の公立中学校へみんなと一緒に進学したので、全く未知の「中学受験」という体験の後に今日の日を迎えた我が子を、まさに知らない海への航海へと「船出させる」思いがしました。

式での校長先生のお言葉の中に、こんな一節がありました。

みなさんは、今日、この同じ船に乗り込み6年間の航海が始まりました。船長は私、教職員が乗組員です。みなさんの目的地は、それぞれ違っているでしょう。どの目的地で降りても、必要なこと、役立つことを、これから一緒に勉強していきます。

6年後、どんな自分でありたいですか?

この言葉、我が子はどのように受け留めただろうか・・・。

そして、我が子が歩み始めた道を、一歩離れたところから支えていくことにしましょう!

ところで、初めての電車・バス通学で、しばらくの間、通勤・通学のみなさんには、お近くの新入学生徒たちがもたついて、ご迷惑をおかけすることも有るかと思いますが、どうぞ温かい目で見守ってやっていただけたら有難いです。また、要領などさりげなくアドバイスしていただけると助かります。社会の中では、みなさんそれぞれが子どもたちのお手本。未来を支える子どもたち、今や生活のあらゆるシーンで危険をも感じている世代でもあります。みなさんの温かい目配りは、子どもたちを守る力ともなるでしょう。

どうかよろしくお願いいたします。

小船を1艘、船出させた母より・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

誕生記念の桜 我が子の成長と共に

我が子の誕生を記念して植えられた桜が、12年経って立派な若木となり、毎年見事に花開くようになりました。

Sakura_1 今年は、おじいちゃんがぼんぼりをつけ、ライトアップ。近所の方たちが眺めに立ち止まってくださっているそうです。

夜桜見物にはさすがに寒いので、今日、晴れている間に花見をしてきました。(さすがに飲んだり食べたりはしませんでしたが・・・。)昼間は、電線やぼんぼりがちょっぴり興ざめの感がありますね~。

木の生長と共に、孫の成長を喜んでくれる両親の気持ちは、有難い限りです。それも、進級・進学のタイミングできれいに花開く桜だというのが、また心に染みますね・・・。

桜の寿命は約60年とか。それならば、我が子が結婚して家を建てる時に、何かに使ったらいいなあ~・・なんて言うと、曲がって育ってるから無理と一蹴されてしまいました・・・。いい考えだと思ったんだけどなあ・・・。柱には無理でも、記念になるよう遺せたらいいんだけど・・・。

山を持っている方は、子どもや孫が将来家を建てる時に使えるようにと、ヒノキなどを植えていたと聞いたことがあります。今はどうなんだろう・・・。

子どもが生まれた当時、ひょろひょろの桜の苗木を見て、恥ずかしながらあまり関心の無かった私ですが、こうして実際にすくすく育った木を見て、そんな祝い方もいいもんだなあ・・・としみじみ感じています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 06, 2006

旧山陽道の吉田松陰記念碑

お墓参りとお花見には、途中、旧山陽道を通って行きましたが、広島県側から錦帯橋の架かる錦川沿いへの出口付近が「関戸」という町。丁度、錦帯橋から少し川をさかのぼった、国道2号線から山陽自動車道 岩国インターへの入り口付近から、山手に向って広がる小さな町ですが、参勤交代の大名をはじめ、山陽道を行き来する人々の宿場町として栄えたようです。詳しくは、こちら!

ここに、明治維新の立役者、松下村塾の「吉田松陰先生 東遊記念碑」がありました。「東遊」とありますが、謀反の恐れありと幕府に捕まり江戸へ送られる際、この場所でその一行が休んだことを記念して建てられたと聞いています。

Sekido_1

丁度、記念碑の側の桜の花が満開! だれも立ち寄る人はいませんでしたが、集会所が側にありましたから、きっと、地元の方たちには親しまれているのでしょうね・・・。

籠に入れられて、江戸まで運ばれるなんて考えると、その距離とかかった時間の長さに気の遠くなる思いがします。

この旧山陽道、側にあった建て看板には、大和朝廷の時代に開かれたと書いてあります。この場所に流れた時代の移り変わり、この場所にその時代時代に存在した昔の人々の息吹を感じる1ショットでした。

Sekido2_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

錦帯橋にお花見!

Kintaikyou3花冷えしながらも青空が広がったので、実家のお墓参りと錦帯橋(山口県岩国市)へのお花見に行ってきました。

Kintaikyou_1去年の水害で流された橋も、きれいに修理されていました。架け替えたばかりだったのにねえ・・・。この辺り一帯は、商店も家屋も、みんな水に浸かったと聞きました。そんな様子は、もう全く見当たりませんでしたが、川沿いのあちらこちらで、護岸工事をしていました。

 

この錦川沿いにある多くの地域で、浸水被害があったそうですが、中には2階に寝ていたら、畳ごと水に浮いて目がさめたというケースもあったそうです。1階には、誰も居なかったのが幸い。

今日も、昨日の雨のせいか水量が多く、水の流れがとても速かったのがちょっと怖かったですね~。今年は、そんな水害に見舞われないよう祈るばかりです。

桜のほうは、この数日冷えたせいか、まだ五部咲き程度。ちょっとまだ淋しかったなあ・・・。満開だと、とってもきれいな川原道になるのですが・・・。

私たちは朝早くから出かけたので、まだ人も車もあまり多くなかったのですが、だんだん増えてきて、昼前に帰ろうとすると凄い渋滞で、なかなか抜けられませんでしたよ!きっと、週末にかけて凄い人出になるんでしょうね。

我が子は、花より団子? いや、つまんない? ってな感じで、気もそぞろ・・・。小さな頃は宝物に見えた花びらや小石、水の流れなどの輝きが目に入らなくなったようで、ちょっぴりスモークがかった膜の中にでもいるよう・・・。そう、それでいいんだよ。そういう時期なんだから・・・。離れて歩く我が子の後姿に、そうつぶやいたものです。

でもね、帰り際、「石投げしよっか!?」なんて声をかけたら、「別に、いいけど~。」なんて言いながら、だんだん本気になってるその姿に、思わず微笑んだ母でした!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2006

新入学生にお誕生日新聞

今年、入園・入学を迎える人に、生まれたその日の新聞の1面のコピーをラミネートしてプレゼントしてくれるこのサービス。中国新聞の紙上で見つけて、お願いしてみました.。昨日頂いてきたのですが、十二年前と言えば、なんと、リレハンメル・オリンピックがあったのですね・・・。そういえば、今年、トリノオリンピックがあったばかり。そうかあ・・・、スキー・ジャンプ競技の原田選手は、この時からオリンピックに出場されてたんですね・・・。その時の流れをしみじみ・・・。

我が子には、さほど感慨は無かったようですが(ま、そりゃあそうだ!)、親のほうがしみじみと見入ってしまいました。

明日は入学式という方も多いでしょうけれど、中国新聞ご購読の方、利用されてみては?

東京読売サービスでは、有料になりますが、こちらは購読者以外でも大丈夫そう・・・。他にも、愛媛新聞、四国新聞などでも実施されているようですが、こちらは有料で、新入園・入学の方に限らないようです。プレゼントなどにもおすすめとか!

東京の八重洲ブックセンターでは、誕生日新聞の自販機もあるそうですよ!

自分自身が生まれた日にどんなことがあったかも、ちょっぴり気になるお年頃の私です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛乳千トン廃棄!?

牛乳神話には反対だけど、このニュースには驚いたなあ。

牛乳は栄養価が高いとPRしてきたけれど、今度はそれが特に女性のダイエット志向に反しているとの分析がされているけど、でも、それだけ!?

やはり、アレルギーなどの体質的な理由や、LOHASなんて衣食住の手軽なナチュラルライフが流行している時代、様々な自然回帰現象から、一般に市販されている多くの牛乳について、疑問視する人も増えてきたんじゃないかと密かに考えているのですが・・・。

そういえば、飲料の売り場には、たくさんの種類のお茶が並び、以前、原料の茶葉が不足しているとのニュースもありましたね。他にも、ミネラルウォーターやイオン飲料がもてはやされている時代。どれもペットボトルで飲むスタイルが、やはり便利で重宝している中、牛乳パックは、人気が落ちているのかもしれませんね。(ペットボトルが流行るのは、別の問題がありますが・・・)

いずれにしても、牛乳について問題意識を持つには、いい機会じゃないかなあと思いますが・・・。

ただ、千トンも廃棄しなければならないような状態になるとは、一体、日本の第一次産業は、どうなってるんだろう・・・?

「もったいない!」

ホントは、お母さん牛が子牛のために出しているお乳。子牛が乳離れする頃には、出なくなるはずのお乳。それをたくさん出してもらって、人に分けてもらっていたのに・・・。

お母さん牛ができるだけ自然な状態で出すお乳を、私たち人間にも分けてもらって、それで畜産農家の方たちが経済的に充分やっていけるような社会になれば、人も牛ももっと健康的に共存していけるんじゃないかなあ・・・。そんな社会になれば、きっと、BSEのような問題も起きないんだろうけどなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

環境汚染が与える子どもたちと未来への影響

鉛中毒、化学物質や電磁波の過敏症、牛乳の問題など、子どもたちの生活の身近なところに潜んでいる問題について、何度か私の知っている範囲で取り上げてきましたが、専門家の方々からの様々な情報を紹介、私たちと子どもたちの未来への影響について警鐘を鳴らすサイトに出合いました。管理人の渡部和男さんに許可を頂き、リンクさせていただいたので、ぜひ子育てに関わる皆さんにも、一度訪ねてみていただきたくご紹介します。

それが、環境汚染問題 私たちと子どもたちの未来のために

特に、子育てに関わる皆さんには、

化学物質問題を考える ●子どもと大人」と、

危険な道:子どもの発達に対する毒性の脅威(社会的責任の医師大ボストン支部)

の項目を読んでみてください!

様々な化学物質が、子どもたちの発達や学習・行動に影響していることが報告されています。子どもたちの問題行動や犯罪の若年化なども、もしかしたら化学物質の多様化、多用化の影響を考えても良いのかも・・・と思ってしまいます。また、子どもだけでなく、大人も化学物質を長年蓄積していき、逆にストレスや加齢で免疫が低下しているとしたら、今の社会の言いようの無い不安感を感じさせる様々な事件や現象にも、少なからず影響を与えていると言えるのかも・・・。

勿論、それだけ・・・ではないはずですが、影響がないと言い切れるでしょうか・・・?

そして、害のあるもの、或いは害があると懸念されているものが、経済優先とも思える中、平気で子どもたちの身近なところにあふれていることを、まず知ることがとても大切ですね!或いは、私たち親にとっては、察するということも大切かも・・・。

それが危険かどうかなんて、なかなか証明できるものではありません。また、証明する専門家が現れても、それを社会的に認知するには、膨大な時間と労力を必要とすることでしょう。最近では、ダイオキシンがそうでしたよね・・・。未だに保育・教育現場では、牛乳神話がまかり通っているし・・・。

子どもたちの心と身体を守るということは、不審者や事故だけでなく、身近に存在する工程のわからない食べ物や生活用品、何だか例年とは違う天候や自然環境などにも、アンテナを向けておきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »