« 新聞に担任の先生が・・・! | Main | ケータイで脳腫瘍 »

March 23, 2006

卒業に先生から贈られた言葉

卒業式の日、担任の先生から頂いて帰ったプリントは2枚、子どもたちに向けてと保護者に向けてのお手紙でした。

それはとても心に響く言葉で満たされていて、子どもたちが、本当に先生の真心と愛情を受けて1年間過ごしたことがよくわかるお手紙でした。

子どもたちに贈られた言葉は、子どもたちのこの1年間を認め、称え、力強く子どもたちを送り出してくださるものでした。

素晴らしい1年間・・・、ありがとう・・・

君たちと一緒に過ごせて幸せだった

君達の一人一人には素晴らしい未来が待っている

・・・自分の道を切り開いてゆけ

・・・この1年間をすべて過去のものとして忘れ去るような そんな豊で充実した人生を送れ

・・・素晴らしい日々をありがとう・・・

・・・きみたちが大好きだった・・・

長い長い別れの言葉の中の、ほんの一節ですが、こんな言葉を贈られた子どもたちは、本当に幸せです。親でもなかなか 言い切れないことを、先生が子どもたちに贈ってくださいました。

この先生の、子どもたちへの深い愛情に、ただただ感謝しています。

きっと、この日に向けて、1日1日を、絶え間ない工夫と手間と心をかけて、それをまた楽しみながら過ごしてきてくださったんでしょう。

保護者として、もっと何かお手伝いできたんじゃないか、先生の努力の成果の上に、あぐらをかいてはいなかったか、省みることは多々あります。

挙げたらきりがない数々の工夫のお陰か、みんなが仲良く、メリハリがあって意欲にあふれた子どもたちでした。いえ、きっと私たち保護者には見えない、たくさんの日々の出来事から、子どもたちは大きな影響と学びを受け取って来たに違い有りません。

新しい世界へと足を踏み出していく子どもたちの背中を、力強く押し出してくださる渾身のメッセージ、ちゃんと家族で受けとめました。本当に有難うございました。この場を借りてお礼を申し上げます。そして、私たち保護者も、子どもたちを新しいステージで、また支えていきます。

世の中には、こんな素晴らしい先生がたくさんいらっしゃることを、忘れないでいたいものです。

|

« 新聞に担任の先生が・・・! | Main | ケータイで脳腫瘍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/9216598

Listed below are links to weblogs that reference 卒業に先生から贈られた言葉:

» 世界フィギュア、村主選手「銀」メダル、中野選手5位! [RSD友の会]
世界フィギュア,村主選手「銀」メダル、中野選手5位、おめでとう!! 君なら翔べる [Read More]

Tracked on March 26, 2006 at 03:36 PM

» 「忙しい人」と「そうでない人」の差がありすぎだよなぁ! [RSD友の会]
やっと、今日、一段落つきました。 ・・・・・・何のことかというと、私は教務部の所 [Read More]

Tracked on March 30, 2006 at 08:42 PM

« 新聞に担任の先生が・・・! | Main | ケータイで脳腫瘍 »