« 反抗期って・・・!? | Main | 「功名が辻」でも言われたビワの効能 »

February 17, 2006

子どもたちが被害にあうって・・・

今日は、幼稚園児・中学生・高校生と、子どもが刃物で被害にあう事件が相次いだようですね・・・。とても残念です。どうして、子どもたちを・・・?と思ってしまいますが、力のひずみは、やはり弱いところへ弱いところへと流れていくようですね・・・。

大人同士、あまりに身勝手だったり、人の命を軽んじているような事件が蔓延しているのも尋常ではないということも、忘れないでいる必要があるかもしれません。

直接、人の命や体に害を与える事は無くても、人の心や気持ちを軽んじて、短期的な成果主義を優先するあまりに、間接的に人の精神や健康に害を及ぼしているということも関係があるんじゃないかなあ? それは、人間関係の行き詰まりやうつ症状を抱えた人の多いことにも表れていますよね。私の周囲にも、男性・女性に関わらず、うつ症状に悩まされている方がいますし、私自身もうつ的傾向に陥ってしまうことがあります。

そんな「力のエネルギー」が、川の流れのように、弱い方へ弱い方へと流れていった最終的なはけ口が、子どもたちに向かってきているような気がしてならないのです・・・。

今日、私は、そんな「力」の流れを作り出しはしなかっただろうか・・・、どこかへ吐き出しはしなかっただろうか・・・。同じ社会に生きている人として、それぞれの事件に対して、私なりのやるべきことがどこかになかっただろうか・・・。

競争・成果主義の教育を受けて育った人たちが構成する社会が出来上がってきた結果ともいえるのではないでしょうか・・・。その教育を見直したはずだったのに・・・、今また、学力低下を重視して、以前のような教育に戻そうとしている・・・・!? これでいいのかな・・・!?

|

« 反抗期って・・・!? | Main | 「功名が辻」でも言われたビワの効能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8712187

Listed below are links to weblogs that reference 子どもたちが被害にあうって・・・:

« 反抗期って・・・!? | Main | 「功名が辻」でも言われたビワの効能 »