« 石原都知事の「魂の教育」 | Main | 反抗期って・・・!? »

February 14, 2006

子どもたちのバレンタインデー

今日は、聖バレンタインデーということで、日本中でチョコレートが大量に消費されたことでしょう・・・。

私が思春期に入った頃には、既にこのイベントは広く浸透しており、でも当時は、義理チョコなんてものは無く、好きな男の子に、そっとチョコレートを渡すという告白イベントだったような・・・。それが、バブリーなOL時代、義理チョコとして職場中の男性陣に不二家のハートチョコを配り、翌月の3月14日のホワイトデーには、とっても豪華なキャンディーかクッキーを頂いていたなあ・・・。倍返しというけど、それは2倍ではなく、5~6倍だったような・・・。

昨日の地元スーパーで、我が子と同級生の女の子から、「お友達とチョコの交換をするんだア・・・。」と聞き、へえ~、と感心していたら、どうやら今は、「友チョコ」と言って、男女関係無くお友達にチョコレートをあげたり、交換するらしい・・・。し、知らなかった・・・!! 

制服を来た高校生っぽい女の子は、ぺロティチョコを5~6個買っていた。

中には、幼稚園の頃からずっとあげてるから、今年も・・・というケースも。

う~ん、そんなに子どものうちから、余計な気を回すような「お付き合い」をしなくてもいいんじゃないかなあ・・・?ちょっと固い?

いずれにしても、当分の摂り過ぎに要注意! 今後は、できるだけ乳化剤などの添加物の少ないものや、お酒が入ってないものを選ぶようにすると良いのですよ・・・。

|

« 石原都知事の「魂の教育」 | Main | 反抗期って・・・!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8664784

Listed below are links to weblogs that reference 子どもたちのバレンタインデー:

« 石原都知事の「魂の教育」 | Main | 反抗期って・・・!? »