« 「功名が辻」でも言われたビワの効能 | Main | 算数の授業で出された「偽札事件問題」 »

February 21, 2006

不登校を乗り越えたのは・・・

このところ、お子さんが不登校になってしまって悩んでいた知人から、先日嬉しい知らせがありました!

発表会の練習のために体育館に行くことができ、そのままお友達と教室に入ることができたんだあ・・・。放課後も、そのままお友達の家へ遊びに行ってて・・・。

よかったあ・・・。

私は、陰ながらそのお母さんのお話を聞いて、お母さんの気持ちをほぐしたり、情報を提供したりという後方支援しかできなかったけど・・・、本当に良かった!!

きっかけは、先生の「いじめ」ともとれる「口撃」や態度。私は普段はむしろ、先生方の現状を見てできる限り理解して味方をしたいところだけれど、この先生について話を聞く限りでは、味方のしようが無い様子でした。同じ学校の何人かの保護者の方に聞いても、やはりこの先生にはむしろ悪い印象をもっておられる・・・。

でも、そのお母さんも、本当によくがんばりました。スクールカウンセラーを訪ね、また、様々な相談窓口に問い合わせるも、予約がいっぱいで1ヶ月後だったので、私の紹介した民間のカウンセリングルームに出かけたり、校長・教頭先生や学年主任の先生方とも、何度か話し合いを持たれ、それでもなかなか変わらない現状に、結局、子どもが学校に行きやすい環境を作るための具体的な依頼をして、ようやく今日の動きとなったようです。

この間、保健室の先生のほうがむしろ一生懸命に働きかけてくださり、心配りをしてくださったそうです。

「不登校」という状態になった時、無理矢理学校に行かせることは必要ないと思います。けれど、多くの子どもたちは、友達と一緒に過ごしたいのです。本当は、学校が好きなのです。けれども、その「場」や「空気」の中で、自分という存在を否定されたり、無視されたりした時、行けなくなってしまう。行きたいけれど、行けないというその矛盾に、心も身体もストレスでいっぱいになって固まってしまう・・・。けれど、ちょっとした心配り、ちょっとしたこまやかな思いやりが、子どもを救うことは多々あります。それは、何気ないひと言だったり、何気ないひと手間だったりします。

クラスや学校の中での「場」や「空気」について、教師というクラスで唯一の大人の配慮や工夫を、節にお願いしたいところです。教育者を育てる現場には、そのことについての研究や教育を節にお願いしたいところです。

そして、私たち親も、子どもを育てるということについて学び、工夫をしていく必要がありますね。そして、子どもの話を聞く耳と、子どもの気持ちに寄り添う心を持ち、いざという時は、ちゃんとサポートする態勢でいたいと思います。

この乗り終えた体験が、その子とご家族の大きな糧となることを信じて、これから学年末までの日々が順調であることを祈るばかりです。そして、その先生に気付きがもたらされることを・・・。

|

« 「功名が辻」でも言われたビワの効能 | Main | 算数の授業で出された「偽札事件問題」 »

Comments

こんばんは。
コメントを頂き、ありがとうございました。
我が家もいまのところ、こどもよりも親のほうが
蜜ろう粘土やクレヨンにはまっています(笑)
でも、親が夢中になって遊ぶ姿を子供に見せるのもいいんじゃないかな~、なんて思っています。
10代のお子様がおられるという事で、子育ての先輩ですね。また、ブログを拝見し、子育て支援をなされているようで、心強い方に出会えた事に感謝します。
私もただいまシュタイナー教育について勉強中です。シュタイナー教育にはかなり魅力を感じています。

Posted by: yasuko | February 22, 2006 at 12:27 AM

yasukoさん、こんばんは!
コメント有難うございます!
親子で夢中に遊べるって素敵なことですよね~!!
今日も、お手伝いに出かけたフリースペースで、ブロッククレヨンを使って子どもたちとお絵描きして遊んできました。白い紙にきれいな色が表れるのを見て、子どもたちよりお母さん達が喜んでくれました。
親子で一緒に、小さな発見、小さな喜びを積み重ねていくことが、子どもたちのその先の学校生活・社会生活を生きていく力になると感じてます!

Posted by: mamma | February 22, 2006 at 01:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8774659

Listed below are links to weblogs that reference 不登校を乗り越えたのは・・・:

« 「功名が辻」でも言われたビワの効能 | Main | 算数の授業で出された「偽札事件問題」 »