« 「本の虫」に、頭を抱え・・・ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その2) »

January 12, 2006

子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その1)

活字離れが嘆かれるようになって随分になりますが、実際、学校でも読書への取り組みは、近年力を入れて取り組んでいるように見受けられます。何より、読書タイムなるものが、朝のショートホームルームなどの時間に実施されているところが、多いのではないでしょうか?また、保護者等による読み聞かせボランティアなども、行われているところも多いようです。

さて、小学生になってから本好きにさせようと思うと、結構、努力を必要としますが、幼児期から家庭で本を楽しんでいると、自然に子どもたちは、本好きになっていきます。

子どもを本好きにするには、まず初めに、「身近に絵本を置くこと」から。

子ども部屋や書斎に置くのではなく、子どもたちが普段、多くの時間を過ごす部屋に、専用の小さな本棚を置いて、子どもが本を自分で自由に出し入れできるようにしてあげるのが一番!何より、テレビはそんな状況で置いてありませんか? だからついついテレビに走ってしまいがちですが、テレビよりも目に付くところ、手に届きやすいところに絵本を置くというのが、まずは第一条件!

そして、一緒に楽しむ時間を過ごすということ・・・。何より、お家の方のお膝でお家の方の肉声で、色んな絵や言葉、お話の出てくる絵本を楽しむひとときは、子どもの情緒を育む上でとっても貴重なゴールデンタイムになるでしょう!!

毎日5分でも10分でも、ちょっとしたひとときを持つことが、大きくなって本離れを日々嘆かないですむことに繋がるかもしれません・・・。

|

« 「本の虫」に、頭を抱え・・・ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8129410

Listed below are links to weblogs that reference 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その1):

« 「本の虫」に、頭を抱え・・・ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その2) »