« 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その1) »

January 10, 2006

「本の虫」に、頭を抱え・・・

お父さん&お母さんからのクリスマスプレゼント、何がいい・・・?

じっくり考えた我が子は、公開中の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観にいくことを希望。

そこで、お父さんの出番!

映画鑑賞のパートナーは、お父さんと大体決まっているのです。

過去にも2人で、「スターウォーズ」や「ハウルの動く城」などを観に出かけており、お母さんと一緒だと買ってもらえないビッグサイズのポップコーンやペプシコーラも楽しみの一つのようです。そんなわけで、私は家で待っていて、子どもの話を聞く役に徹しているというわけ。(観たい映画のジャンルも違うし・・・笑)

さて、そんなわけで、クリスマスの日、父子で揃って事前に席を予約して楽しんできました。

それは良かったのですが、何と、その日から、本の虫になってしまった我が子。

昨年は、ずっと「ダレンシャン」なる吸血鬼のお話に凝っていて、12巻と外伝1巻を、何度も何度も繰り返しひたすら読んでいました。たまには違う本を読んでみたら・・・?と話していたら、今度は「セブンスタワー」なる、6巻あるシリーズもののとりこに。たまには「ハリー・ポッター」も読んでみては・・・?と、折角書棚に並んでいるシリーズを進めるのですが、なかなかその気にならなかったのです。

まあ、映画を見た影響で、原作本を紐解くのは悪いことではないので、いよいよその気になったかと思うと、お正月休みが終わって自宅に帰ったとたん、また「ハリー」・・・。

まあ、本の虫も良いけれど、「度」っちゅうもんがあるわあ・・・と思いつつ、そういえば、私も・・・と思い出したのです。すっかり忘れていたけれど、私も中学校の1年生の時に、アルセーヌ・ルパンのシリーズや、コナン・ドイル、江戸川乱歩などのシリーズものにはまってたわあ・・・。

そんなわけで、本の虫さんに、「やらなきゃいけないことをやってからならば良い!」とのルールを決め、一旦没収していたハリーの本を、また手の届きやすいところへ・・・。

さてさて、きっと言い始めるに違いない・・・。誕生日のプレゼントは、次回作にして~え。

まだ入手していない「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」と、そして、5月出版される予定で、現在、書店やアマゾンで予約受付中の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」・・・。

まあ、本に夢中になるのも、トイレットペーパーを引っ張ることに凝って、夢中でコロコロ回して引っ張っていたあの頃や、夢中でティッシュペーパーを引っ張り出したあの頃のように、成長期に必要なステップの一つなんだろうと、「受け入れる」ことにして、でも、ちゃんとルールを守ることを約束したのでした・・・。

「夢中になる」・・・案外、素敵なことですよね・・・。

|

« 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8098458

Listed below are links to weblogs that reference 「本の虫」に、頭を抱え・・・:

« 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ | Main | 子どもを本好きに育てるには・・・(幼児期 その1) »