« 子どもを本好きに育てるには・・・(学童期 親の取り組み) | Main | ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  »

January 17, 2006

阪神大震災から11年

阪神大震災から11年・・・。

当日、1日中、祈りながらニュース映像を観ていたのを昨日のことのように思い出します。

犠牲となった方々のご冥福と、被災された方々の心の傷が少しでも軽くなることを、広島より心よりお祈りします。

また、スマトラ沖で、新潟の中越地方で、その後も関東や東北で多発する地震、夏の台風や冬の豪雪による様々な被害など、身の危険を感じる自然災害は後を絶ちません。今も、雪の多い地域の方たちは、じわじわと迫り来る危険の中で、生活していらっしゃいます。

そんな日に、耐震偽装疑惑マンションの販売主の証人喚問があったのは、なんとも皮肉なものですね・・・。意図された日程だったのでしょうか・・・?当の証人は、証言拒否を連発していたようですが・・・。

テレビ等でもしきりに呼びかけられている震災への警告。過去の体験から、私たちは学び、未来へ生かすための手を打つことができますね・・・。決して他人事ではないことを想像する力と、過去から学ぶ力、それが本当の生きる力なのでしょう。子どもたちの年齢に合わせて、備えをしたり、防災について話をしておくことが必要かもしれませんね。

災害などに遭って、辛い体験をされた方にとっては、何年経っても「その時」は決して「過去」ではなく、「現在」も強く生きている「記憶」や「感情」を呼び覚まします。すると、その方にとって、それは決して「過去」ではないのです。

ここ「ヒロシマ」にも、同様の「過去」を持つ方たちが多くいらっしゃいます。原爆という、人類がかつて経験したことの無い兵器による惨状を。

様々な災害の起こりうるこの地球上の生活の中で、いかに生きるか・・・。それが私たち人間の大切なテーマであり、子どもたちにも生きていく為の知恵や力を授けたいものですね。

サークルや講演のお友達の輪の中に、なかなか入れない子もいます。

先生の言うことにあまり関心を示さず、学校にも足が向かない子もいます。

勉強もスポーツも何だか苦手だけど、とっても優しい子もいます。

どんな子どもたちも、どんな人も、この地球上に訳あって生まれてきて、縁あってすれ違う。

それぞれが、互いに手を貸し合い、力を出し合い、声を掛け合い、災害や戦い、色んな危険に備え、免れることができるよう、子育ての中で、一緒に考えていかなきゃいけないように感じています。

|

« 子どもを本好きに育てるには・・・(学童期 親の取り組み) | Main | ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8207612

Listed below are links to weblogs that reference 阪神大震災から11年:

« 子どもを本好きに育てるには・・・(学童期 親の取り組み) | Main | ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  »