« 初めての毛糸遊びには・・・ | Main | 子育てにも、「幸せ成功力」! »

January 22, 2006

毛糸で手織り

毛糸のもうひとつの楽しみ方、手織りを紹介しましょう!

そう、毛糸を使って、手で織っていくのです。

織り機は、菓子箱などに使われるボール紙などの、硬い紙を使って作ります。

小さなお子さんが初めて挑戦する時は、やはり、小さなものから始めるのが良いでしょう。

幅十数cmくらいの厚紙を長方形に切り、上の辺と下の辺に、一定の間隔で1.5cmくらいの切り込みを入れます。この切込みに長めの毛糸を端から順にかけていき、縦糸とします。

teori_3この時、織り機代わりの厚紙が少しカーブするよう、厚紙の長さよりも縦糸の長さを少し短くするのがコツ! こうすることで、厚紙と縦糸との間に隙間ができ、横糸を通す作業がやりやすくなるのです!この厚紙の幅よりも少し長い毛糸を、用意しておきましょう。左右両側に、房を作ります。

さて、1本目の毛糸を端の縦糸から、縦糸の上・下・上・下・・・と、くぐらせたりかぶせたりを交互に繰り返し、両端に同じように房部分が残るように、横糸を渡していきます。次の毛糸を、今度は、下・上・下・上・・・と交互に渡します。次は、上・下・上・下・・・と、好きな糸を、縦糸の部分で互い違いになるように渡していき、指で下へと詰めていきます。まさに、手織りの作業ですね!

teori_5teori_9_2

好みの大きさまで織れたら、横糸の端の部分を数本ずつ結んでいき、を作ります。反対側も、長さを揃えながら房を作り、最後に切り揃えます。

縦糸は、上の辺に掛かっている部分を、隣合っている切込みの真中で切って、その2本の縦糸に掛かっている横糸の一番上に縦糸の長さをあわせて結び合わせます。糸の端は、裏側へ綴じ込むときれいです。他の縦糸も同様に!

また、縦糸を切り込みから抜きながら、一方の端に引っ張ってずらしていくという方法もあります。これはちょっと模様がずれてしまうのが難点。

この手作業も、我が子が幼稚園で習って帰りました。幼稚園では、木枠の織り機を使って、もっと大きな作品を作っていました! 今では、ピアノの上にマットとして飾ってあります。

最後に、スチームアイロンをかけてあげると、仕上がりがきれいです!

|

« 初めての毛糸遊びには・・・ | Main | 子育てにも、「幸せ成功力」! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8273279

Listed below are links to weblogs that reference 毛糸で手織り:

« 初めての毛糸遊びには・・・ | Main | 子育てにも、「幸せ成功力」! »