« ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  | Main | 初めての毛糸遊びには・・・ »

January 20, 2006

本が身近にある人生って・・・

「本」が身近にあることで、人生はより豊かになると思いませんか?

まだ行ったことの無い場所へ、旅行記が連れて行ってくれます。

色んな人の意見を知ることができます。

知らない知識や知恵を、本から授かることができます。

自分とは全く違う立場の人生を、疑似体験できます。

(ヒーローやヒロインになりきるのもまた、心躍りますよね!)

みなさんは、子どもの頃に読んだ本やお話の中で、どんなお話が心に残ってらっしゃいますか?

そのお話に、何を感じましたか?

ある先輩ママさんが、「ハーメルンの笛吹き」を挙げられました。

ハーメルンの町に大量発生したねずみを、笛吹き男が笛を吹いて誘い出し、川へと連れて行って溺れさせるのだけれど、町長はその約束の報酬を払わない。そこで、再び男がやって来て笛を吹き、今度はこの町の子どもたちを連れて、どこかへと去っていったというお話。

そのお話を聞いて、笛吹き男には付いて行かないぞ・・・と心に決めたそうです。確かにその方は、世間や周囲に惑わされること無く、本質を見つめて前に進む方です。

私は、ジャンヌ・ダルクが好きで、その伝記をよく読んでいたことを思い出しました。そう言われてみると、先頭で旗を振っては撃沈されることも多かったかも。。。(笑)何年も前に公開された映画には、ちょっとぞっとしましたが。。。

こんな風に、子どもの頃に出合う本やお話には、人として生きていく上で、人間の本質のような、生き方のような、そんな基盤を作る力があるように思います。

大人になって、必要に応じて本を開く・・・という習慣を身につけることも大事だけれど、それ以上に、良い絵本お話、読んでもらって、お話してもらって、或いは自分で読んで、人として生きる為に大切な根源的なことを養うことが、子どもたちの人生の大きな力になるんじゃないかなあ・・・と感じています。

|

« ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  | Main | 初めての毛糸遊びには・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8244798

Listed below are links to weblogs that reference 本が身近にある人生って・・・:

« ひびきの村 ミカエル・カレッジの出逢いの会のお知らせ!  | Main | 初めての毛糸遊びには・・・ »