« 宮島に初詣で・・・虹! | Main | 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ »

January 08, 2006

冬の毛糸遊びは、指先を鍛えます!

今年の正月休みに子どもたちが夢中になった遊びが、毛糸遊び!

初めに毛糸を持ってきたのは、小学1年生。あやとりを見せてくれたのです。

上手に「ほうき」を作って見せてくれました。そして、「四段ばしご」を6年生が教えます。年中さんも「ほうき」を作って自慢気に見せます。

そこでばあちゃんがひと言。「指編みをみんなに教えてみては?」

棒針でセーターを編むばあちゃんの横で、年中さんが自分にもやらせてとせがむけれど、どうも編み針を持たせるのは危ないというのです。

なるほど! よっしゃ、おまかせ~!!

ってなわけで、指リリアン編み講習会が始まります。

・・・といっても、初めにこの編み方を教えてくれたのは、当時年少だった我が子でした。幼稚園の冬の手遊びで先生から教えてもらってきたのを、私が教わったというわけ・・・。そう、幼児期の子どもたちもできる、とっても夢中になる手芸なのです!

そんな私の先生でもある6年生の我が子と私で、1年生と年中さんに教えます。初めてのことに、手に汗握り、なかなか思うようには進みませんが、とにかく夢中で続けます。先に仕上げた6年生の作品を横目に、意欲満々!ご飯の時間も、お風呂の時間も、しぶしぶ指から網目を外した程。しまいには、毛糸をつまむ指先が痛いよ~と訴える始末。でも、辞めない!大した集中持続力です。夜までにかなりの長さを編み、おばあちゃんにつなげてもらって座布団にしてもらっていました。目標を持つと、子どもたちは最大のパワーを発揮します!

yubiami (6年生の作品 いつの間にか、自分で縫い付けていました。)

指編みは、指先のコントロール力を鍛えるとてもいいトレーニングで、遊びで、手芸なので、小さな子どもたちは勿論、そろそろ記憶力に不安を覚える年長の方たちにも良いかもしれません。しかもそれが、作品として残るならもっと楽しいですよね!

できたら、ウール100%の天然素材を使うと、またその素材の心地良い感覚を養うことに繋がります!

また、作品作りの為に、ついついきれいに作ることを考えて口や手を出してしまいがちですが、できるだけ、とにかくひたすら編むことを続けたい子どもたちの欲求を満たしてあげることを優先すると良いですよ。きれいに仕上げることではなく、その過程で、指の機能の発育を促し、子どもの意志や意欲を養うことを初めは優先するといいと思います。「指編みをすること」が、子どもたちの今現在の学習のテーマだったりするのですから・・・。

指リリアン編みに慣れたら、色んな道具を使って編物を楽しんでみるといいですよ! かぎ針でひたすらくさり編みをしたり、長編みをしたり、短い棒針を教えてガーター編みを繰り返したり、それが、手先の器用さを育てることになるのです。

但し、これらの編み針は、小さな兄弟がいる場合は、その取り扱いに気をつけましょう!片付ける場所をちゃんと決め、使うルールを決めて、その子の性格や周囲の環境に要注意です!

|

« 宮島に初詣で・・・虹! | Main | 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8034614

Listed below are links to weblogs that reference 冬の毛糸遊びは、指先を鍛えます!:

» リリアン編み [メモリー・ファンタジー・デスティニー]
リリアン編みの編機をつくってみました。用意するものは、ガムテープの芯とわりばし [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 07:58 PM

« 宮島に初詣で・・・虹! | Main | 受け入れる・・・今年の子育てのテーマ »