« 子育ての幸せ | Main | いじめ・不登校・・・子どもの言動に悩む方へ »

January 26, 2006

遊びを通して、子どもの危険回避力を育てる

小さな子どもたちが大好きな鬼ごっこかくれんぼう

我が子も小学校低学年までは、とにかく毎日のように、学校で、公園で、家の周りで、家の中で、身体を動かしてどちらかをやっていました。

鬼は、五感と第六感を働かせて、あの手この手でみんなを捕まえたり見つけたりしようとするし、みんなは、鬼からひたすら逃げ隠れする為に、あの手この手の知恵を働かせて、身体能力を駆使します。

これは、実に様々なセンスを磨く遊びだと思うのです。 ましてやこのご時世、子どもたちをいかに危険から守るかという議論が、新聞等で毎日行われていますが、色々やるべきことはありますが、まずは、実際に身体を使って、子どもたち自身が自分で逃げる為のセンスを磨く必要もあるのは確かでしょう。

それは、不審者から逃げるというだけでなく、とっさの判断力・瞬発力・創意工夫、また、自分の体力を知り、遊びを通して危険な場所や危険な行為を知る体験もできるという意味でも、とても重要なことですよね。そのことで、ケガや事故を防ぐことにも繋がるでしょう。

幼児期にはぜひ、このような身体を使って逃げ隠れする遊びを、大人も子どもも混じって、充分に楽しんでみましょう!沢山の小さな危険の体験を積み重ねて、大きな危険を回避する力へとつなげられるように・・・。

高学年くらいになっていくと、これがドッジボールやサッカーボールなどの競技に変わりますが、同じ効果があると思いますが。。。みなさんはいかが思われますか?

ありがたいことに、我が子の担任の先生は、できるだけ授業時間内にやるべきことを終えて、休み時間や放課後は、思いっきりみんなで遊べるようにと考慮してくださっています。それは決して、手抜きではなく、他のクラスに比べてとても充実した内容で、そのために子どもたちのモチベーションを高める為の工夫もされているようです。

お陰で、6年生という忙しい学年でありながら、短い時間を上手に使って、休憩時間や集団下校時間までに男女混じってドッジボールに明け暮れているようです。

子どもたちにはやっぱり、そんな外遊びが充分できる環境を、できるだけ確保したいものですね。

|

« 子育ての幸せ | Main | いじめ・不登校・・・子どもの言動に悩む方へ »

Comments

 mamma様、こんにちは。
 私も学校では思いっきり遊ばせてやりたいなぁと感じております。
 ですので、授業の開始時刻と終了時刻はきっちりと守って、なるべく休み時間を子どもたちから奪わないようにしています。
 授業が早く進み、一段落したら残り時間はゲームをしたりクイズをしたり、それでも余ったら休み時間をすこし早めたりしています。
 元気よく遊んで帰ってきた子どもたちの方が授業と休み時間のメリハリがしっかりできているようです。
 やはり遊びは子どもにとって重要な要素なのかもしれませんね。
 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | January 28, 2006 at 02:35 PM

中見盛さん、こんばんは! コメント有難うございます。
ありがたいですね~!! 時間内に終わらせるのは、大変なんでしょうけれど・・・。本当に頭が下がる思いです。
メリハリ、そして、身体を動かして遊ぶこと自体が、子どもたちの意欲を育て、やる気を起こさせることに繋がるのではないかと思うのです。

Posted by: mamma | January 29, 2006 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/8344710

Listed below are links to weblogs that reference 遊びを通して、子どもの危険回避力を育てる:

« 子育ての幸せ | Main | いじめ・不登校・・・子どもの言動に悩む方へ »