« クリスマスイルミネーションを防犯に! | Main | みつろう粘土 »

December 27, 2005

年末の子ども連れ帰省の工夫

クリスマスが終わり、実家へ帰省される方も多いことでしょう。

ん・・・?もう、帰省済み・・・!? そんな方は、今度Uターンなさる時に役立ててください!

私も、夏・冬と、子どもを連れて新幹線又は飛行機で帰省しておりました。新幹線も随分早くなったとはいえ、小さな子どもたちにとって、込んでいる車内で数時間も過ごすのはとても退屈。

だって、子どもは好奇心の塊、世の中全てのことに興味津々で、じっとしている時間なんて無いんですもの・・・。そんな時には、ちょっとした用意をしておくと少し楽になるかも・・・。

飛行機の場合は、離着陸時の鼓膜の保護のために、その瞬間マグを持たせて飲み物を飲ませておくと良いですよ! 乳児はおっぱいを!飛行機のフライト時間は、国内ではそんなに長くないし、飲み物を持ってきたりしてくださるので、その他にはそんなに苦労はないでしょう・・・。

新幹線や電車の場合、まずは、昼食を車内でとると随分時間が稼げます! 予め用意した子ども用の弁当、もしくは駅弁を、風呂敷など広い布を持っておくと、エプロン替わりにいいですよ! 我が家の場合、新幹線ではアイスクリームかジュースを買ってもらえることになっていました。我が子の選択は、アイスクリーム! だって、普段は殆ど食べさせてもらえないんですから・・・。おなかが冷えるので、必ず温かいお茶も用意しておきましょうね。勿論、食べる時はちゃんと座っていますよね。

おなかがいっぱいになったら、小さなうちは大抵ひと眠り。我が家の場合、新幹線の駅までが在来線の乗り換え乗換えで、結構疲れているので、ひと眠りしていました。元気ハツラツな子は、、前の晩、ちょっぴり夜更かししておくのも手かもしれませんね・・・。

さて、それからまだしばらく時間があるのです。この時間帯、「手」があると随分楽になります。かさばらず、楽しめるグッズをいくつか持っていて、その日の子どもの気分で選べるようにしておくのです。

特に重宝したのが、みつろう粘土。ミツバチの巣から採れるみつろうでできていて、小麦粉粘土のように、置いておいてもポロポロひび割れないのです。また、色を混ぜてこねて新しい色を作るのも面白いですし、何より手の感触が滑らかでいいのです!それもそのはず、みつろうは、高価な自然派化粧品にも使われている素材なのです。ドイツのシュトックマール社製のものが、色がきれいで間違って食べても安全というものが、シュタイナー教育関連グッズを扱うお店で購入できます。我が家は、東京ですと「おもちゃ箱」さん、広島ですと「メルヒェン」さんにお世話になりました。ジッパー付き保存袋に入れて、カバンの中に用意していました。

次に、らくがき帳とクレヨン。このクレヨンも、我が家ではみつろう粘土と同じメーカーの、ドイツの食品安全基準を満たしているというクレヨンを使っていました。お絵かきに必須用品でした。前に全日空の飛行機で帰省した折に頂いた、ペンで描いた後薄い紙を剥がして消し、何度でも描いたり消したりできるお絵かきグッズもお気に入り!これなら、手を汚す心配はありませんね。そして、定番の折り紙、

冬の帰省に欠かせないのが、毛糸。毛糸は指編みをしたり、あや取りをしたり、穴通しをして遊んだりと、色々使えます。指編みは、年少の時に幼稚園で習ってきて、私に教えてくれたんですよ!三つ編みも楽しみます。男の子も女の子も始めると夢中になる遊びなんです!編物って・・・。穴通しは、もっと小さなお子さん向けで、小さな画用紙などに穴を開けておいて、そこに毛糸を通していって、模様を作るんです。穴の中に物を入れるのが好きな一歳後半~3歳くらいまで、結構熱中しますよ!紙を持っておいてあげるとやりやすく、この作業はやがて縫う作業へと進歩するものです。指先の機能を養う、とても楽しい遊びです。

取り急ぎ、いくつか座ってできる遊び、ご紹介しました! 他にも、お子さんの興味に応じて、絵本や切り絵、シール絵本など、用意しておかれるといいと思います。

いずれにしても、無理強いは禁物。いくつかある中で子どもの興味を示すもので遊んでみるといいですよ。何も言わずに先にお父さんやお母さんがその遊びを始めると、何々?と興味を持つことも多くあります。ちょっとしたきっかけ作りがうまくいくと、苦痛な時間も楽しく遊べますね・・・。

何はともあれ、お気をつけて!

|

« クリスマスイルミネーションを防犯に! | Main | みつろう粘土 »

Comments

 mamma様、こんにちは。
 さすがプロのテクニックですね。
 私1人の帰省でも疲れてへとへとになるのに、お子さんを連れてとなるとなおさらですよね。
 私は飛行機で帰省するのですが、機内で気圧の変化で耳がおかしくなって泣いてしまうお子さんをよく見かけます。やはり液体を飲み込ませるのが一番ですね。
 そして新幹線で帰ることもあります。その時に通路を走る子どもが多いこと・・・(^^;)。
 そのようなときになにか切り札があるといいですね。
 しかもmamma様の場合、ゲーム機を使うというパターンが提示されていないのがすてきだと思います。
 私は元日に帰省します。年内は学期はじめの準備に徹します(^^;)。
 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | December 28, 2005 at 07:07 AM

中見盛さん、こんにちは!
新学期の準備、ご苦労様です。後、3ヶ月・・・、早いものですね。
我が家にはゲーム機は無いんです。幼稚園年長から低学年の間、お友達が持っているのでとても欲しがりましたが、それ以上に楽しい遊びを沢山提供してきたので、こじれることなくここまできました。パソコンを使うことはOKなので、たまにパソコンでゲームをやることは、約束したテレビ視聴時間内でやってます。
子どもの本質として、じっとしていられない気質の子がいることも確かなんです。そんな時は、貴重品を持って車内を探検に出かけるのもいいですよね。でも、赤ちゃん連れだったりするとそれができなくてお母さん一人で何人も連れていらっしゃる場合はとても大変なんです。まして、今のこのご時世、時には、わざわざおばあちゃんがお迎えに行くこともあるそうですよ!
どうか、周囲の皆様には、いずれ行く道、もと来た道と、あたたかく見守ってあげてくださいね!でも、度を過ぎたマナー違反は、可能であれば、どうぞその場でそれはマナー違反だということを、教えてあげてください!・・・といっても、不審者と間違えられたり、また親側の問題もあって、一概に何とも言えない現実がもどかしいですが・・・。
今話題の「生協の白石さん」的、ユーモアを交えたさりげないトークができれば、子育てやいろんなことが、もっと豊かになるかなあ。。。なんて思っているこの頃です。・・・あ、話がそれちゃいました。
新学期も、どすこい先生の1本1本に期待してます!!

Posted by: mamma | December 28, 2005 at 10:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/7859701

Listed below are links to weblogs that reference 年末の子ども連れ帰省の工夫:

« クリスマスイルミネーションを防犯に! | Main | みつろう粘土 »