« 【トイレ掃除で日本が変わる-その2】 | Main | 【ニートの現状】・・・「クローズアップ現代」より »

November 06, 2005

1リットルの涙 母の手記

今、話題の「1リットルの涙」

TVドラマは観てないんだけど、コマーシャルで気になって、

原作本を探しに本屋へ立ち寄った。

小学校でもドラマを観た子の間で話題になるようで、

6年生の我が子がTVを観たがるので

本を買うことにしたのだ。

本屋でも大人気!

主人公の亜也さんは、昭和37年7月生まれ。

何と、同世代ではないか・・・!

15歳の時、脊髄小脳変性症という難病に罹り、

25歳でその生涯を閉じた。

その間、自由がきかなくなる身体で、

懸命に綴った日記が、この「1リットルの涙」

私は、亜也さんのお母さんが書かれた手記、

『いのちのハードル 

「1リットルの涙」 母の手記』

を一気に読んだ。

****************************************

重い障害を抱えた亜也さんと、家族、友人、学校、

医師、病院で付き添ってくれる家政婦さん、

「1リットルの涙」を出版したことでご縁のあった

山川豊さんや笠木透さんら有名人をはじめとした

多くの人々とのさまざまないきさつが、

仕事を抱え、まだ幼い兄弟もいる家庭を抱えながら

看病に通っていた母親の視点から

亜也さんの生き様と、その環境が記されている。

亜也さんが生きていく為には、たくさんのハードルがあった。

そして、力の限り、亜也さんはそのハードルを

乗り越えようとして努力していた。

同じ時代を生きていた私は、

この頃、何をしていただろう・・・

何を、感じていただろう・・・

そんなことを思いながら読み進めた。

そして、母となった今は、

我が子思う母親の気持ちを思うと、胸が痛む。

読んでいる私も、涙があふれてくる・・・。

亜也さんが流した涙、

亜也さんのお母さんや家族が流した涙は、

私たちに、一番大切なことを思い出させてくれる・・・。

そして、変えなきゃいけない何かを、考えさせてくれる・・・。

ありがとう! 亜也さん、お母さん。

|

« 【トイレ掃除で日本が変わる-その2】 | Main | 【ニートの現状】・・・「クローズアップ現代」より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/6935951

Listed below are links to weblogs that reference 1リットルの涙 母の手記:

« 【トイレ掃除で日本が変わる-その2】 | Main | 【ニートの現状】・・・「クローズアップ現代」より »