« 【「日本の歴史」を観て・・・】 | Main | 小学6年生の【言ってほしくない言葉】 »

October 20, 2005

【雑巾のはなし】

少し前に、広島テレビのローカルニュース「テレビ宣言にゅ~」で

最近、学校や幼稚園に持っていく雑巾に、

キャラクターモノが人気だと紹介していた。

  え~!!

いや、実は、どこかのお店で見たことがあるのだけれど、

そんなに人気とは・・・。

我が家は、毎回、使い古しのおつかいタオル

(○○商店などと印刷された薄い生地のタオル)を

4つ折りにしてミシンがけし、持たせます。

そういえば、こんなことがありました。

我が子が4年生の時、始業式前日に私が雑巾を縫おうとすると、

自分で縫ってみると言い始めたので、

ミシンの使い方、タオルの折り方、縫う位置などを教えてみると

結構すんなり・・・・。

始業式の日に学校へ持っていきました。

当分たったある日のこと、

黒く、固くなった雑巾を持って帰ってきました。

先生が、もうその雑巾は古くなったので捨てて!

と言われたそうで、確かに、誰が見ても、もう捨てても良いくらいの

使いようだったのですが・・・・

自分が縫ったのにもったいない!と思ったのだそうです・・・。

複雑な心境ではありましたが、

私としては、我が子のその思いに密かに感動し、

気持ちを尊重して、我が家の雑巾としておいておくことにしました。

その後、結局使うことはなかったのですが・・・。

(子どもには内緒です!)

その時の気持ちを、とりあえず受け入れることにしたのです。

子どもの、不可解とも思えるような言動にも、

よくよく聞いてみると案外、

理に叶ったその子なりの理由があるものですね。

私など、ちょっと油断していると見過ごしがちなのですが・・・。

|

« 【「日本の歴史」を観て・・・】 | Main | 小学6年生の【言ってほしくない言葉】 »

Comments

おはよう御座います。

何事も使い捨ての時代に、お子さんに芽生えた「もったいない」の精神は素晴らしいですね!

「三つ子の魂百まで」と言いますから、その感性を大切に育ててあげてください。

しかし、過干渉はいけません。^^ 最近の若いお母さんは、目を放して手を放しませんが、昔のお母さんは手を放し目を放しませんでした。

私の4人の子供も「放し飼い」状態ですが、知らぬ間に大きくなって、末っ子は中2です。^^

親が子に対する責任と覚悟を持っていれば、放っておいても子は育つようです。^^;;

Posted by: 薬正道 | October 21, 2005 at 07:01 AM

薬正道さん、おはようございます!
昨日はお世話になりました!
お陰さまで、またブログを書く気持ちになることができました。口にして意識することで、またそちらにエネルギーが流れることを実感させていただきました。

「親」は、木の上に立って見る・・・。
子どもにどこまで関わって口を出し、手を貸すかは、その加減がとても大切で、難しい・・・。
それにはやはり、子どもの今の様子をまず見て、受け入れることから・・・ですね!

仰る通り、もっと目を配ってあげて欲しいなあ・・・と願うケースには良く出合います。一方で、一生懸命学んで工夫や努力をされているお母さんたちも。そのバランスが問題かもしれませんね~。ただ、そんなお母さんたちが実際いらっしゃるということは、まだまだ未来は明るい・・・! 一人でも多くの方と、子育てについて、語り合えたらいいなあというのが、私の願いです。

過干渉に悩むケースに出合うことが多いかも・・・。

我が子に対する責任と覚悟、ホントにそうですね・・・。
先輩パパさんとして、また色々示唆をいただけたら嬉しいです!

Posted by: mamma | October 21, 2005 at 09:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84900/6486764

Listed below are links to weblogs that reference 【雑巾のはなし】:

« 【「日本の歴史」を観て・・・】 | Main | 小学6年生の【言ってほしくない言葉】 »